2020年04月08日

緊急事態宣言を受けての茨木市の対応等、変更事項【速報】

1 公共施設の休館等について
 この後、市ホームページで一覧表が公開されますのでご確認ください。

2 幼稚園・保育所・学童保育室等の対応について

 仝立幼稚園・認定こども園
 ・4月10日(金)〜5月6日(水)まで休園、入園式・進級式は延期
 ・登園日の実施はなし
 ・2号認定子ども、預かり保育定期利用は預かりを実施
 ・家庭で保育が困難な場合は預かりを実施
 ・当該園で感染者が確認された場合は完全休園

◆(欅藹蠹
 ・開所(家庭での保育の協力を要請)
 ・当該所で感染者が確認された場合は休所

 学童保育
・4月9日(木)〜5月2日(土)まで開室(家庭での保育の協力を要請)
 ・当該室で感染者が確認された場合は休室
 
3 コールセンターの対応について
 先ほど送信したメールのとおりです。

4 DV相談等の周知について
市ホームページ内、人権・男女共生課の「DVに関する相談(茨木市配偶者暴力相談支援センター)のページを周知します。

5 茨木市長選挙及び茨木市議会議員補欠選挙の執行について
令和2年4月12日執行予定の標記選挙については、予定どおり執行します。
なお、国においては、選挙は民主主義の根幹をなすもので、不要不急の外出には当たらないとの見解も示されています。
執行に当たり、投票所等においては、新型コロナウイルス感染症の予防対策を次のとおり講じるものとします。

【感染症予防対策】
 下記内容の主なものについては、公報、新聞折り込みチラシ、宣伝車等にて周知します。
1 投票管理者、投票立会人、投票事務従事者はマスクを着用する。
2 投票所の出入り口に、手指消毒用アルコールを設置する。
3 投票所内の換気に努める。
4 記載台等を定期的にアルコールで消毒する。
5 有権者の方々にクリップ付き鉛筆を配付する。持参筆記具での記載も可とする。
6 記載台等については、一定の距離をおいて配置する。
7 投票所において混雑した場合には、一定の距離を保ち並んでいただくよう従事者が誘導を行う。

※これまでの経過
(令和2年4月1日)
・茨木市長、大東市長連名により、総務省自治行政局及び大阪府選挙管理委員会に対して、感染拡大のリスクがあり、選挙の執行は適切ではないと考える旨の意見書を提出する。
・大阪府選挙管理委員会より、選挙の延期等は公職選挙法に反するものであり、政治の空白を生じさせないためにも、選挙の執行は必須であるが、その際には感染症対策には適切に取り組む必要があると考えている旨回答あり。
(令和2年4月2日)
・総務省より、選挙は住民の代表を決める民主主義の根幹をなすものであり、決められたルールの下で代表を選ぶことが大原則であることから、有権者にも予防対策を講じていただき積極的な投票をお願いしたい旨、回答あり。
(令和2年4月7日)
・緊急事態宣言の発令を前に、大阪府選挙管理委員会に再度確認したところ、従前の考え方と変わりない旨回答あり。

fukumarutakayuki at 11:17 Comments(0)  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録