2019年02月15日

福丸インターン19期生の抱負

桂田 美緒 大阪経済大学 経済学部1回生
IMG_6890

なぜインターンシップに参加しようと思ったか。
 インターンシップというものは昨今の就活活動において必須であると言われており、自分自身もいつかは参加しなければならないなと考えていました。しかし、そのいつかとは、三回生の就職活動を特に意識するようになってからと考えていました。
 そう漠然と三回生になったらするだろうとしか考えてなかったインターンシップになぜ今参加しているかといいますと、大学内でスタッフの方に声をかけていただいたことがきっかけで、このインターンシップの存在を知り、他のインターンシップとは違い一回生・二回生の参加者が多いと聞いたときに、じゃあ自分もどうせ参加するなら、三回生に時に惰性で参加するより一回生の時に意欲を持って参加したいと考えたことが大きな理由です。
 また、議員さんという普段なかなかお会いする機会のない方とお話がしてみたかったというのも理由の一つです。

インターンシップで期待していることは何か。目標は何か。
 私がこのインターンシップに参加し目指すことは、社会人としてのマナーや考え方が身についた人間になることです。
 まだ学生だからと許されていたことが、あと数年で社会人となることで許されなくなることが多くなります。その直前であわてて身につけようとしても、付け焼刃にしか身につかないと思うので、今のうちから社会に出て困らないように二か月という短い期間ではありますが、少しずつでも確実に身につけられればと思います。
 また、物事を多角的に見たうえで自分の考えを持てるようになりたいとも考えています。
 自分のこの考えは誰かがそう言っていたからそこへ乗っかかっているだけではないか、決めつけているだけではないか、偏見ではないか、そういったことを踏まえたうえで自分の考えを持てるようになることが目標の二つ目です。


林 愛海 近畿大学 法学部 法律学科 1回生
IMG_6913

参加動機
私は大学入学時よりインターンシップに参加したいと思っていました。
なぜならば、インターンシップ参加は就活生に必須なものと考えていたからです。
しかし、インターンシップは対象が3回生・4回生のものばかりで、1回生から参加できるものはなかったため、1回生で参加することを諦めていました。
ところが、講義中に先生から議員インターンシップの紹介があり、興味を持ちました。後日ドットジェイピーのスタッフの方から、1回生・2回生が主に参加していることを聞き、ますます参加意欲がわき思い切って参加しました。
政治的知識は全然ありませんが、社会にたいする視野を広く持ち、身の回りの状況に発見や疑問を持つ力を身につけたいです。

インターンシップで期待していることは何か。目標は何か。
私はこの議員インターンシップを通して、様々なことに対し積極的に動ける人間になりたいです。私は自分の意見を出すこともリーダーとして動くことも苦手です。講義中のグループワークの時でも「発言してもいいのだろうか。」「話を進めたいが、自分がリーダーになるのは避けたい。」と思うばかりで、全然主体的に行動することができません。しかし、私が苦手としていることは、社会人にとってできて当然なことです。社会人になると、今までのように「どうしよう。」と困っていても、友達も親も助けてはくれません。自分で主体的に取り組み問題を解決していかなければなりません。このインターンシップでは、福丸議員のもとで積極的に人と関わり、課題解決のために自ら進んで動くことを重要視したいです。この行動は今までの消極的姿勢をとっていた自分を変えるために最適な活動であると考えます。ほかにも議員インターンシップでしか経験できないことも多くあるので積極的に参加し、より多くの知識を身につけたいと思います。その経験の過程で、将来の自分について、より具体的な将来図を練っていきたいと考えます。一日一日を何も考えずに過ごすのではなく、1つでも多くの大切な知識を身につけ、社会に出ても恥ずかしくない人間へと成長していきたいです。私はこの議員インターンシップという貴重な経験の中で、積極性を身につけ、消極的な自分から脱却し、積極的な姿勢で社会に貢献できる人間になりたいです。そして、インターンシップで学んだことを日常生活に存分に生かしていきたいと思います。


fukumarutakayuki at 12:41 Comments(0)  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録