2018年02月14日

役員選考議会にて感じたこと

先週の2月6日から8日の議会において議長、副議長、監査委員が決定しました。
議長 桂睦子(会派に所属しない議員)
副議長 大野幾子(大阪維新の会)
監査委員 朝田充(日本共産党)
監査委員 松本泰典(公明党)


【議会で感じたこと】
‪今回の茨木市議会役員選考議会において私は、役員選考の委員長を仰せつかりました。‬
‪役員選考委員会は、今年度の議長以下の役員を決める役割があります。その委員長は、各会派さらには会派に所属しない議員の方々も含めて27名全ての議員が納得いただける様に、ある意味議長的役割を担います。‬
‪この手法は、いきなり投票に持ち込まずに各会派の代表者によって議論して合意点を探って行こうとするわけです。なるだけ多数決という数の論理を用いずに調整するという過去の先輩方の叡智が採用されている大変素晴らしいものです。‬
‪私の方針としても皆さんの意見をしっかりとお聴きし、最終最後まで諦めずに合意点を模索すべく折衝するという事でした。これは、各会派代表者の方に委員会の場で何度もお伝えさせていただきました。‬
‪また、今回は会派に所属しない議員が4名もいるという特殊事情があったので、この4名の方々にも意見をお聴きしたり、途中報告をしたりと細心の注意を払いました。‬
‪しかしながら、維新の会、共産党、民進ネット、会派に所属しない議員の合計15名が結託し、途中から話し合いが出来なくなってしまいました。‬
‪投票に持ち込めば数の力で押し切れるという手段に出てきたのです。‬
‪私の委員長の能力の無さを恥じつつ、なんともやるせない気持ちになりました。‬

そして、以下政治家として大切な気持ちをあらためて強く致しました。‬

数の理屈でパワーゲームを行う政治では、より良い社会を築くことは出来ない!‬

過去から積み上げて来た叡智をいきなり潰す行為、将来へバトンを渡そうとしない行為からもより良き社会は築けない!‬

主義主張や手法の違いがあるのは人なので当然。違いはあっても、相手に敬意をはらいつつ議論を積み重ねることが政治家として大切な資質である!‬

これを機に成長せよと天からお言葉を頂いたのだと受け止めて今後も精進して行きます。(でも…、悔しい!)‬

fukumarutakayuki at 21:49 Comments(0)  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録