2017年06月12日

綜學社福丸塾「社会人として大切にしたいこと」

【稽古日誌】
6月11日(日)14:00-16:30 参加者1名
■坐禅
・調身、調息、調心
・ゆっくり大きく呼吸を行うこと
■社会人として大切にしたいこと〜松下幸之助、社員心得帖に学ぶパート3〜
松下幸之助著「社員心得帖」から気になる項目を参加者に選択してもらい、選択項目について皆んなで意見を交わし合いました。
今回選ばれたのは以下の項目
・会社の歴史を知る
・スランプと入社時の感激
・鍛錬、修業の場
・失敗したときにでる真価
・悩みあればこそ…
・日に三転す(道をひらく)
・時を待つ心(道をひらく)
社会人5年目の方に参加してもらい実経験に照らしながらの学びを深めることが出来ました。
"会社の歴史を知る"からは日本人として日本の歴史を知る大切さ、更に美智子皇后がお詠みになられた「国譲り祀られましし大神の奇しき御業を偲んで止まず」に話がおよび大御心を噛み締めることが出来ました。
"時を待つ心"においては、何事を成すにも時というものがある。という教えと共に、日々、一分一秒、自分に出来ることを行い力を蓄えるということが如何に大切であるか。そして自分が力を蓄えることを実践出来てるのか。内省させられました!

次回、平成29年7月16日(日)14:00
春日丘公民館にて古事記について学びます。

fukumarutakayuki at 00:38 Comments(0) TrackBack(0)  

TrackBack URL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録