2016年10月14日

会津藩校日新館

IMG_2063IMG_2065
昨日と今日、会津藩校日新館にて林英臣政経塾の全国会議と研修会に参加してきました。
初日は14:00から17:00までみっちりと会議を行った後、晩には中国思想「孔子・孟子・荀子・老子・孫子」についての講義。2日目は朝6:00から日新館内をご案内いただき、その後午前中一杯、王陽明と佐藤一斎についての講義でした。
こんなにも素晴らしい施設で研修できてとても充実した2日間でした。

昼間には、小学生や中学生が見学に来ておりました。茨木の子供達にも是非見学させてあげたいものです。

会津藩日新館には有名な什の掟(じゅうのおきて)がありますが、これは入学(藩の子供は10歳で入学)する前の教えだそうです。
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです


入学後は、以下の八則のように結構細かい教えがあった様です。
【八則】このような人物はいけないという八つの警告

一、言う事と実際に行う事がいい加減で父や母を危険な目に遭わせ、周囲の出来事に関心を持たず、身内に不幸があっても悲しみの気持ちを表さず、怠けてぶらぶらしている者。

二、思いやりが無く、家の中の者や親類縁者の人達と仲良くできない者。

三、兄弟仲良くすることができず、生徒として先生の言うことに従わず、年上の人を見下したり、幼い子供をかわいがらない者。

四、周囲の人達からまったく信用されず、その上、他人から何か指図された時に、表向きはその人の言うことをきいているふりをして、陰に回ると全然異って不平を漏らしたり、あるいは、男女間のみだらな行為をし、近所の人や友達から嫌われている者。

五、怠け者で、むごい事を平気でする人間であり、親類縁者や友達がどのように困っていようとも、救
ってあげようともしないし、お金や品物を差し出そうともしない者。

六、やたらと根も葉も無いことを言いふらし、回りの人を困らせたり、また理屈に合わないことを強引に押し通したり自分の間違った行為をうまくごまかそうとする者。

七、人格、徳行の優れた人の説かれた内容を信じな いで、自分勝手に悪い仲間をつくり、常に、社会の秩序や決まりを批判し、あるいは他人を悪く言い、世間で言いふらされている楽な道を信じ、自分の判断だけでごまかしを言って、社会の秩序を破ろうとする者。

八、文学も武芸もお互いに相通ずるものがあるはずである。どちらか一方に偏ることはいけないものである。自分で好きなことだけを選んで、嫌いなことはやらず、それでいて、他人の能力を羨んだり、他人のすることにいちいち口出しをする者。


fukumarutakayuki at 21:56 Comments(0) TrackBack(0)  

TrackBack URL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録