2014年11月24日

豊田一成氏講演会「夢を叶える-強い心のつくり方」メモ

IMG_0213
イチロー選手、中村俊輔選手などを指導された豊田一成氏による『夢を叶える-強い心のつくり方-』の講演会が先日の教育月間表彰式に合わせて行われました。その時の講演会メモをアップいたします。
一番印象に残った言葉は、「一流の選手は努力の天才」ということ。
凡人は、山の高さにスタートする前から諦めるのに対して一流の天才と評価されている方は千里の道も一歩からということで自分自身ができる目の前の少しの努力を惜しまないのでしょうね。

今回表彰された茨木市内の中学生達が多く今回の講演を聞いておりましたので今日の話しを感じ取ってもらい2020年の東京オリンピックで活躍する選手が茨木から出てきて欲しいです。


【以下講演会のメモです。】
虫の報せ
最近の子供は気配に気付けない。
心身統一、極めて健康な状態になる。
唯識論、法相宗

五識
六識、意
七識、八識、直観、共鳴→近代科学から無視されてきた。
我々の祖先は持っていた。
あらやしき

日本の文化に根ざしたものをつくらなければならない。
科学が宗教になってきた。
真実は知恵

スポーツだけやっててもダメ
文武両道

調子が良い時に日記を書く。
悪くなった時に見ると、良い時の記憶が蘇る。

勝ちたいと考えてはダメ。
相手に勝つのではない。自分に勝つ。

氣という思想を取り込んでいる
プロセスを提示出来ないと認めてもらえないので西洋科学ではなかなか認めてもらえない。

氣の解明は日本が一番進んでいる。

一旦自分を追い込むとハイの状態に入れる。

一流の選手は努力の天才。
毎日続けること。
但し、ほんの少しだけ。1割程度。

大きい夢。→時空を超えたい。
頭の中で思い続けると脳みそがそちら向きになる。

オンリーワンのナンバーワンになる為の条件
1.規則正しい生活が出来るように努力する。
2.勉強とスポーツが両立する様に努力する。
3.心優しく、たくましく、皆からしたわれる人間(性格)になるよう努力する。

1.天才 2努力
自分の素質を生かして努力を継続する。

3.やる気
支えているのは自信
自信は有能感からくる
人間は自己評価に執着する。
自己評価を広げてあげる。

4.夢
仮想ゴールを大きく先まで設定する。

5.行動の原点である観念
出来ると思うと出来る。
出来ないと思えば出来ない。

6.脳、イメージ
鮮明に描くイメージは現実と区別出来ない。
イメージは意志以上に身体をコントロールする。

7.遺伝子
人間は99.5%同じ

遺伝子に刺激をあたえるスイッチを入れるには、
思いを込める
念ずれば花ひらく
思いがことをなす。

8.文武両道
文なき武は真の武にあらず。
武なき文は真の文にあらず。
(中江藤樹)

9.人格
普遍的人格
時代によって形成される人格
個人に備わる人格、個性

fukumarutakayuki at 12:42 Comments(0) TrackBack(0)  

TrackBack URL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録