2012年07月30日

コメントについて

今回は、多くの方から様々なご意見を賜り誠にありがとうございます。
一件ずつ拝見させていただいております。
反対の方、賛成の方、それぞれのご意見から多くの気付きをいただき感謝しております。

本ブログを立ち上げてから今日まで、私の政治信条としてコメントは全て全面公開としてきました。

私に対する厳しいご意見や誹謗中傷などは、いくらでもお受けいたします。
しかしながら書込みいただいた方を誹謗中傷する行為や他の方に対して差別を招くような発言は私の本意ではありません。
よって、コメントは一旦確認させていただいた後に公開することとさせていただきます。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

私に対する意見はどしどしお寄せ下さいます様に、よろしくお願いいたします。
また、サイト左上の【ご意見・ご感想】もご利用下さいませ。

※これまでのコメントは、そのままにさせていただきますこと、ご了承下さいませ。

fukumarutakayuki at 18:49 Comments(27) TrackBack(0)  

TrackBack URL

Comments

1. Posted by ピナツボ    2012年07月30日 19:34
3 福丸さま

炎上するといきなり閉鎖してしまう議員も多い中、閉鎖しないのはとても真摯に感じます。

ですが、
突然、全国規模で注目を浴びてしまったので、コメント選別するとなると、都合の悪い事は載せない!などと、また別の注目を浴びてしまうと思います。
ネットはつくづく諸刃の武器ですね。くれぐれも公平な選択をなされますようよろしく御願いいたします。
3. Posted by fumichan    2012年07月30日 20:27
議員さん。誹謗・中傷されるに十分な企画をぶち上げてしまったわけですから、ひんしゅくを買うのは仕方がないのではないでしょうか。
4. Posted by そうですね    2012年07月30日 21:12
本来、福丸様の記事への意見を書く欄なのに、妙な争いが起きている現状、この形が賢明かと思います。

たくさんの意見が寄せられました。極論も感情論もたくさんありました。
それらの意見や情報を取捨選択して、さらにご自分で知識を補完されて、市議としてどのような判断の材料にしていかれるのか、見守らせていただきたいと思います。
5. Posted by 大阪狭山市民    2012年07月30日 21:46
今は、閲覧者同士の問題なんてどうでも良い気がします。

それよりも、厳しい意見に対し、あなたはどう感じたのか?

放射能に対してなぜ、そこまで危機意識が低いのか?根拠となる理由をまずは説明すべきではないですか?

あなたも結局は、一方的な見解をただタレ流すだけの烏合の議員の一人ですか?

8. Posted by ぱせり    2012年07月30日 23:18
私は実家も親戚も福島県です。

原発事故の後、政府は大丈夫だと言い続けました。
被爆した人たちが除染の為に二本松に自衛隊と共にやってきた時、私の叔母はたまたま近くを通りました。
叔母は除染の事など全く知りませんでしたが、そばを通ったら洗われたと言っていました。それを聞いた時に私は絶句しました。除染の後自衛隊員は外には出ない方がいいと教えてくれたそうです。
テレビでは相も変わらず危険はないと放送されていました。外国では大騒ぎになっていたにも関わらず。日本では避難もさせず自宅待機を続けさせている場所もあり、私は政府の言っていることに不信感しかありませんでした。
私は日本の報道を信じるとこができず。友人からの海外の情報と一部の心ある学者の言葉を信じることにしました。

大丈夫、直ちに健康に被害は出ないと言い続けた議員さんの中には、原発事故後に家族を海外に避難させたり、子供を留学させたりしている人もいます。その人たちにとっては人ごとなんです。遠くにいるから言える事なんです。
未来のある学生を連れて視察よりも、まずは福丸さんの目で、議員とし招待されて行くのではなく、二人のお子さんの父親として現地の本当の状況を見て頂くのがいいのではないですか。

避難したくてもできない人もいます。あきらめてしまっている人もいます。
福島の事を思ってくれるのなら、一般市民の本当の声を聞いてください。
また地元の市民の方も大事にしてください。
9. Posted by M    2012年07月31日 00:04
原発事故による放射能に対する市民の様々な意見をご覧くださっていることは市民の声を聞かないふりをし続ける議員さんも多いなか感謝しております。
だからこそ、どうか「他人の」ではなくもしも自分だったら、自分の家族だったら、という目線で行動をおこしてください。
危険だと感じていても金銭、その地の問題で住み続けなければならない市民も多いのです。
どうか市民が健康に幸せに暮らせることをしてください。
10. Posted by fumichan    2012年07月31日 01:04
1 自分に耳障りのいいコメントしか載せないのなら、閉鎖せよ。意味のない、よいしょばかりの意見や、建前だけの貴方の意見なんか、多くの人の目に触れるだけで、災厄となります。
11. Posted by やっちゃん    2012年07月31日 02:03
ツイッターで大さわぎになっているのを知り、
こさせて頂きました。
正直な感想は、、、罪なことをなさったものだと思います。
福島はもちろん茨城にも、、、。
同時に現政府官僚たちのやってることがどれほど重大な罪か
改めて思います。どうか今回のことを教訓に福島始め
汚染地に住む子供たちの集団疎開問題に
全力で取り組んで下さい。 
大人はどうしても避難できない事情をそれぞれ抱えてます。
なので単発的定期的に子供たちを集団疎開させてゆくしか
今は取る道がありません。猶予はないんです。
日本中の行政が一丸となって国策として
子供たちをどんどん西へ疎開させないといけないんです。
12. Posted by らむ    2012年07月31日 07:32
あなたは本当に福島は安全だとお考えですか? 安全だと思うなら、まず率先してあなたの家族が現地に出向いて、しばらく生活してみるべきです。 父親としてできますか?
主婦は毎日の買い物で、汚染されていない食べ物を真剣に吟味して買い物しています。 それでもじわじわと体内に汚染物質が入ってくるでしょう。 買い物が疲れるんです。 その神経、分かりますか? あなたも家族に毒の入ったものを食べさせたくないでしょう?
福島のモノを食べて応援という考えは馬鹿げています。 単なるおバカなパフォーマンスです。 避難したくてもできない人に手を差し伸べることが、本当の支援だと思います。
13. Posted by いち関西人    2012年07月31日 10:35
ピーチプロジェクトはよくないです。
それより、福島の子供達を茨木市に招待するプロジェクトをしてはどうですか?そして茨木市で茨木市の子供達と交流や、思い切り外遊び。福島の子供達は、放射能の心配で、思い切り外遊びできないでしょうから。その方が福島の子供さんに喜んでもらえると思われます。
茨木市の人が福島へ行く旅費があるなら、それをカンパして、福島の子供達を招待した方が良いと思われます。
ホームステイのボランティアを募っても良いかもしれません。
14. Posted by ひろこ    2012年07月31日 10:52
小学生です。
体が弱くていつも入院しています。
お見舞いで貰う桃は大好きですが、実際に多くの福島の桃から放射性セシウムが出ているので怖くなりました。
でも周りの友だちはそういう事をあまり知りません。
私のような病気の子供は増えて欲しくありません。
大人は子供の健康を願い、子供に出来るだけ放射性セシウムを取らせないように気をつけるべきだと思います。
福島の農家を助けたいなら、子供に福島の桃を食べさせるのではなく、福丸さんの貯金を全部募金すれば良いと思います。
15. Posted by かな    2012年07月31日 13:36
あなた茨木市義ですよね。
茨木の0.2ミリシーベルトについてはどうお考えですか?まずこの件についてしっかり調査してください。報告お待ちしています。
16. Posted by なお    2012年07月31日 15:08
下手な例えですが、
 川で溺れてる人がいた時、
‥れてる人を陸に引き上げて助ける。
△燭泙燭渭△譴胴圓辰芯樟楷愀犬覆せ匐,魄貊錣棒遒貌佑落とす。
 助ける方法がこの2つだけあるとして貴方ならどちらを選びますか?
17. Posted by 桃太郎    2012年07月31日 15:11
プロジェクトの中止にあたり、ご苦労もあったと思いますが、ご英断だと思います。ありがとうございます。

この騒動について、福丸様がどのような認識でプロジェクトを立ち上げ、どういうお考えでやめることにしたのか、その過程が知りたいです。

本当に危険だということを認識されたのであれば、本当に子どもを守るという視点での今後の活動を期待しています。
18. Posted by A    2012年07月31日 16:50
言いたいことは他の皆様が言ってくださっているので、あえて言いませんが、一言だけ。福島で農家をなさっていて、汚染されていない作物を作られている方々へは本当になんて声をかけていいかわかりません。すべての食品に線量表示を義務づけできないのでしょうか?
少しでも線量があれば、子供、若者には食べさせない、ということで。食べるべき人に食べさせればいいのではないでしょうか。福丸さんなら喜んで食べますよね?
19. Posted by かりん・元茨木市民    2012年07月31日 16:57
福丸孝之議員、
大学生以上の市民を巻き込んだ福島視察の中止はまだでしょうか?
こんな形で「茨木市」の名が全国に知れ渡り恥ずかしいです。

肥田瞬太郎医師の書籍『内部被曝』をすぐお読みになり、
現実を直視してください。
扶桑社から手頃な定価で出版されていて、
素人でも分かりやすく書かれているので理解できるでしょう。
帯には、「じわじわと命を蝕む低線量被曝の恐怖」。
まえがきには、肥田瞬太郎医師の思いが詰まっています。
一部抜粋、
『私は95歳になる内科医です、広場で被ばくして以来67年間、6000人以上の被ばく者と向き合ってきました。その経験から、みなさんにお伝えしておきたいことがあります。
それは、放射性物質がもたらす内部被曝の恐ろしさについてです。』
当然、書籍は自費で購入して下さい。
北摂地域の中で茨木市議会議員たちの知識は遅れてます。議員たちで勉強して下さい。
20. Posted by 二児の母    2012年07月31日 18:08
沢山の方の賛成・反対の意見???
どう見ても、9割以上が反対の意見ではないでしょうか??
まだ目が覚めませんか?
そんなコメントをしている時点で、どうかしていると思われても仕方ないのではないでしょうか?
21. Posted by にわやま△    2012年07月31日 21:11
議員様がたくさんの福島の桃を食べてあげてくらさい。
おなかがいっぱいになってセシウムでふくれあがるくらい食べてあげてくらさい。
議員様は大丈夫です。あなたたちは英雄です。
福島のことを心から考え、私利私欲で行動しないすばらしい人です。
セシウムが検出されたお野菜をいっぱい食べてあげてくらさい。
22. Posted by 摂津    2012年07月31日 23:33
政治をする者は
長い目で物事を考えろ
人の前にわざわざ立つのだから
23. Posted by 茨木市の線量率    2012年08月01日 06:48
> そして茨木市が0.2マイクロも放射線量あるのに原因調べず、放置ですか?

茨木市での線量当量率が大阪府内の他のところよりも高かったことは、地質が原因かもしれません。
(地表での空気吸収線量率測定例)
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/1821/1/KJ522300215.pdf

(地表から1mでの空気吸収線量率測定例)
http://www.nirs.go.jp/db/anzendb/ERLABE/area1.php?KEN=27

(地表での線量当量率測定例:トレーサブルではないかもしれません)
http://hakatte.jp/spot/41444


> 茨木は0.2マイクロなら原因究明して除せんするのが茨木市の子供のためですよ。

地質が原因であるとして、地質に含まれるウラン・トリウム系列を減らしたり、K-40を減らすことは、放射線リスクを減らすという観点では、子供達に利益を与えると考えられるでしょう。
欧州では建材の選択にあたってK-40の量も考慮したスクリーニング法が示されています(この考え方が適切かどうかは皆さんで判断する必要があるでしょう)。
http://ec.europa.eu/energy/nuclear/consultations/doc/2009_04_20_natural_radiation_sources.pdf

> あと放射能/放射線/放射性物質等に関しては核種・数値・単位...と自分も何度勉強しても頭に定着しません。正直とても難しくて時間がいくらあっても足りません。

様々な勉強会を利用されるとよいのではないでしょうか。納得して理解されることが重要だと思います。
24. Posted by リスクはある    2012年08月01日 06:50
> 安全性は担保できるよね?

リスクはあります。
リスク認知には主観性があるので、安全であるかと考えるかどうかは人によるでしょう。
安全であるかどうかは、それぞれの方が判断するしかないとも考えられます。

【原発事故による表面汚染密度】
原発事故により茨城県のひたちなか市でも、事故が起きた2011年3月には、Cs-134とCs-137の降下量は、35GBq/km2に達しています。地表での濃度換算では、ほ
ぼ管理区域の基準の匹敵する量となっています。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/3000/2411/24/1060_03_gekkan_2.pdf

現存被ばく状況での対応としては、環境省が各種の基準を示しています。
http://josen.env.go.jp/
25. Posted by 関東での土壌の汚染    2012年08月01日 06:52
東京都の台東区が行った砂場の放射能測定では、最も高かった日本堤公園では、放射性セシウムの濃度が530Bq/kgに達しています。この濃度は、放射性セシウム
のクリアランスレベルよりも高く、計画被ばく状況であれば、放射性廃棄物として扱う必要があるレベルということになります。
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kankyo/seikatsukankyo/kankyosokutei/kankyouhousyasen.html

ただし、クリアランスレベルは比較的大きな物量を対象にしており、一部分だけが高い濃度であっても適用されないことがあります。もっとも、表層土壌だけを
集めたものは、クリアランスレベルを上回ることになります。
26. Posted by ボクたん王国@井上明彦    2012年08月01日 10:48
4 福丸さま

今回、大問題となったプロジェクトは、ニュースソースに騙された(惑わされた?)ゆえの【ニーズの捉え方】が間違っただけと信じたいです。

商業主義に毒されてしまったニュースソースは、あまり信用できないのです。高額な広告料を頂けるクライアントの意向を無視して真実報道にひた走ろうとすれば、零細なクライアントだけの広告料で賄うか、高額な購読料・視聴料で提供しなければならなくなるでしょう。それは、現実的には無理だといえましょう。

NHKは、どうか? 国民からの強制的な視聴料で運営されていながら、偏向報道がめだちます。その理由はさておき、旧来の報道機関では、日本や世界のあるべき方向性が曲がっていくだけだと憂えております。

どのようにして本当に近い情報を入手するか? それによって、今後の行方は大きく変わってきます。現今の毒された社会では、困難な作業ではあります。だが、ひとつの入り口として「コメント媒体」を参考に自分で検討・思考してみるという手段があるのではと感じました。僭越ながら。

怪しく感じないものだけを参考にしてみるという作業。聞く・聞かぬは自分の自由。そうやって、人は、自分と全体の関係性を理解していくのだと思っています。

ひとつの参考:【NEVADAブログ】
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
27. Posted by マトモに考えられる人が少ないな    2012年08月01日 11:59
こちらのコメント欄でも「自分の意見が絶対的に正しい」「他の人間もそれに従うべきだ」という人がウヨウヨ湧いていますね。

大学生や大人の視察にしても強制されて徴用されていくのですか?
たかだか数日行っただけでどれだけの影響があるというのですか?
物事は「アル」「ナイ」の二元論では片付きませんよ?
今までアナタがたが生きてきた中でも放射線は浴びまくってますし、それがどの程度追加され変化するかという部分まで考えは至っていますか?
周囲に放射性物質0Bq、被曝量0Svの生活なんて日本どころか地球上、宇宙のどこにも存在しませんよ
それどころか母親の胎内に存在したというだけですでに被曝しているわけです
アルナシで考えずに「量」という概念を持ったらいかがですか?

福丸さん、変な人達に絡まれて大変でしょうが、同意しているサイレントマジョリティの数のほうが、コメントしている人よりも、反感を持っている人よりも大多数です
少数意見を無視しろというわけではありませんが正しいと思う道をお進みください
28. Posted by 一般市民    2012年08月01日 12:05
>> あと放射能/放射線/放射性物質等に関しては核種・数値・単位...と自分も何度勉強しても頭に定着しません。正直とても難しくて時間がいくらあっても足りません。

…専門家でもないのに、きりのない勉強をする必要はありません。
国民は身を守る最低限の知識は必要ですが、
それ以上の、自分の苦手な分野の勉強を重ねても庶民に出来るのは、せいぜいコメント欄で安全を主張する無責任な人を一時的にやり込めるぐらいで、それで家族を守れるわけではない。

国民は、働いて税金を払い、税金の見返りに、
専門家に心ある研究をしろ、
為政者には国民のためにまともな仕事をしろ、
と要求をすればいいんです。
餅は餅屋です。

29. Posted by 一般市民    2012年08月01日 12:13
国民のリスク管理も単純な話です。
冷蔵庫に賞味期限の切れたあやしい食べ物がある。少しでもお腹を壊す可能性があると思えば食べない。お腹を壊してもいいなら一か八か食べればいい。

下痢程度ですむなら賭けるも良いでしょうが。
30. Posted by 40代    2012年08月01日 15:27
ピーチプロジェクト、悪い案とは思いませんが…
恐怖に対する対抗策は正しい知識ですから、勉強会はとても良いと思います。


放射性降下物質が怖いと思うなら、311以前はどの位だったのか、チェルノブイリの時はどの位だったのか、調べてみてはいかがでしょうか。
1960年代からデータが公表されてます。

子供の頃、雨に放射能がまじっているから浴びない様に〜と言われていたのが何だったのか今になって分かりました。

ま、影響が有ったとは思わないですけどね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録