2012年02月20日

会派にて市長選挙向けマニュフェスト骨子発表

昨日、私が所属する茨木市議会会派「自由民主党・絆」において茨木市長選挙(4/8投票)におけるマニュフェスト骨子を記者発表しました。
これを実現させるための候補者を模索します。

ニュース記事

以下は、昨日の記者発表時の資料です。

茨木市議会「自由民主党・絆」 茨木市長選挙マニフェスト
「茨木市統治機構改革八策」

茨木市議会「自由民主党・絆」
幹事長 上田 光夫

 茨木市議会「自由民主党・絆」は、来る4月1日(日)告示、同8日(日)投・開票の茨木市長選挙への対応として、次の方針を固めました。

■同選挙へ向けて、「自由民主党・絆」が理想とする「政策の実現」をすべての行動指針とします。

■茨木市政においていま実現すべき政策として「茨木市統治機構改革8策」を下記のとおり提言します。

■「自由民主党・絆」は、茨木市長選挙へ向けて、今後速やかに、下記「茨木市統治機構改革八策」を公約に掲げる同選挙候補者を推薦し、また、そうした候補者の擁立を模索します。

■「政策の実現」のために、下記「茨木市統治機構改革八策」にご賛同いただけるあらゆる政党、茨木市議会会派、あるいは、あらゆる政治グループとの連携を視野に入れております。

■「茨木市統治機構改革八策」は新市長が採用すべき政策の中で「自由民主党・絆」として譲れない政策であるため、先行して今回発表いたしました。まちづくり、社会保障(医療、高齢者、子育て)、ゴミ・環境、治安・防犯、防災、芸術・文化、教育、経済・産業などの諸政策につきましては、今後、上記連携各グループとの政策協定と同時並行でマニフェストを策定していきます。



「茨木市統治機構改革八策」


一、茨木市長の歳費の大幅カット

一、茨木市議会の議員定数の大幅カット

一、市役所関連労働組合、教職員組合のありかた見直しを含む、茨木市の公務員改革

一、大阪府、大阪市で現在進められている改革の考えかたに沿った「(仮称)茨木市職員基本条例」の制定

一、大阪府、大阪市で現在進められている改革の考えかたに沿った「(仮称)茨木市教育基本条例」の制定

一、大阪府から茨木市への「教員人事権」の委譲

一、大阪府、大阪市との連携による道州制導入、大都市制度改革、基礎自治体改革への参画、推進

一、以上の統治機構改革を前提とする茨木の経済再生基本戦略の策定

以上

(・ω・)ノ人気ブログランキングへ

fukumarutakayuki at 19:04 Comments(0) TrackBack(0)  

TrackBack URL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録