2011年02月22日

インターン生より(立命館 内田覚都)

akitoインターンシップに参加した理由と学んだこと

立命館大学国際関係学部2回生 内田覚都

僕がこの議員インターンシップに参加した理由は、このインターンシッププログラムが2回生でも参加しやすいプログラムであったという点です。就職活動を来年度にひかえ、しかしまだ将来何をしたいかということがわかっておらず焦っていた時にこのプログラムを知りました。2回生という今の段階で何かを学び、他の人にはない凄みを身につけたい、何かをしなければという気持ちで参加を決意しました。
実際に活動が始まってみると、福丸議員に様々なことを教えていただき、今まで自分にはなかった考え方に多く触れることができ、充実した毎日を過ごさせていただいています。今まで約3週間のインターンシップの活動の中で学んだことで特に強調したいのは、人と人とのつながりの大切さです。人は自分ひとりで生きているわけではなく、周りの人々の支えがあって初めて生きていけるということを痛感しました。恥ずかしながら、今まではそれが分かっていませんでした。今後はこの学びをいかして、人とのつながりを大事にしていけると確信しています。
このインターンシップは政治についてだけではなく、こうした人としての重要な基本を多く学べる機会であると感じています。残りの1か月間、この機会でしか学べないことを多く学んでいければと思っています。


fukumarutakayuki at 17:20 Comments(0) TrackBack(0)  

TrackBack URL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録