2011年01月28日

平成23年1月臨時議会

総額約39億の補正予算が可決されました。
多くは、学校の耐震化費用が占めています。

また、子宮頸がんとヒブ、小児肺炎球菌のワクチン接種の助成金の支給も決定されました。

詳しくは、以下ホームページをご覧ください。
補正予算(市議会HP)

fukumarutakayuki at 15:47 Comments(2) TrackBack(0)  

TrackBack URL

Comments

1. Posted by KS    2011年01月29日 13:13
う〜ん

拝見しました、自前(市税)の資金より市債をあてている様が多いでね。
先日もテレビみましたが、国全体の債権は1000兆円であるのに収入は41兆円しかない。
すでに日本は財政が破綻している状態。

確かに行政サービスを充実させていく必要はありますが、借金してまで?
と感じます。

家計でも収入に応じた支出、収入が減れば家計を引き締める。のが常識だと感じるのですが。
2. Posted by 福丸孝之    2011年02月01日 17:13
KSさん、いつもありがとうございます。

今回の予算の大半は学校の耐震工事です。
今回は、「安心安全な学校づくり交付金」から12億引っ張ってきて、市の借金である市債を24億6千万発行しております。
茨木市では、平成27年に90%の耐震化率を目標にしており、現在7割程度の実施率となっています。
子どもたちの安全な教育環境の整備と考えると実施した方がよいとの判断で私も賛成しました。
国の交付金といえども皆さんの税金ですからバンバン使うのもどうかと感じておりますので、KSさんのおっしゃることが正しい感覚であると思います。

今後ともご意見よろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録