2007年11月29日

相撲は何故、国技とよべるのか

京都のイワタコーポレーション社長の岩田さんから問いを受けました。
何でかなあと頭を回転させたのですが答えが出てきませんでした。
岩田社長曰く、「負けた相手を敬う心があるからや」
その場におられた高校時代甲子園に出場経験のある京都府議の田中さん曰く、「チームはガッツポーズ禁止やった。」
なるほどなあ…。そういや私も学生時代に柔道部やったんですが、その通りやと改めて強烈な気付きをいただきました。
ともすると、感情を表に出さない日本人の欠点のように言われますが、そこには相手を敬い思いやる精神と自身の美意識がある。世界に誇れる精神やと思いました。


fukumarutakayuki at 09:27 Comments(0) TrackBack(0)  

TrackBack URL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
月別の記録