2020年11月

2020年11月20日

IMG_1101


将来は総理大臣になりたいというインターン生が来てくれました!
これからが楽しみです。
私が学んできたことをしっかりとお伝えしたいと思います。


インターン参加の動機について
浅川 遼太朗

私が福丸さんのもとで、インターン参加するきっかけとなったのは父でした。昔から父には、日本のことであったり、政治について話すことが多かったこともあり、茨木市議会議員で勤められている、福丸さんのもとでインターンがあるよと紹介されたことがきっかけとなります。

インターンに参加した理由としては、現役の政治家さんのもとで勉強できる機会は自分にとってとてもチャンスだと思いました。私は将来、総理大臣になるという野望があります。それを遂行するためには、政治家になることは必然な理だと思っております。現在学生の身分である自分が、インターンという環境を使って色々なことを学べることはとても貴重な経験であると思いました。もう一つは、実際に21年間過ごしてきた茨木市の政を行っている場を、自分の目で見たいと思ったことがインターン参加の理由になります。

 現在福丸さんのもとで第3回の講義を受けました。第1回では“原大本徹”を学び、自分を見つめ直すきっかけになりました。原大本徹は人生で一生考えていくこと、自分を表していることだと思いました。第2回では“大和言葉”を学び、日本人・日本語の原点を知ることで、日本人の生き方であったり、大事にしていくことを学びました。第3回では“世界文明”から大局を考えてみることで、大宇宙のリズム、人間の周期を学びました。すべてのリズムはいち人間と並行して考えることができると思い、大局を理解することで、自分の置かれている場を見つめれると思いました。

これから1年間福丸さんのもとで、インターン生として学びを受けるうえでの決意としては、自分を見つめ直すこと、自分の生まれてきた意味、役割を見つけたいと思います。自分が誰かのために何をするために生まれてきたのか、何の役割をもたらすのかを見つけて人生を通して取り組んでいきたいと思いました。漠然とした内容は、インターンに参加前からありましたが、福丸さんに色々質問し、いまを大切にし、取り組んでいきたいと思います。

そのためには、この1年間で自分の原大本徹をつくり、それを大切にし、そのために生きたいと思います。これからを生きる一人として、日本に地球に宇宙に貢献し、日本の文化や考えを繋げたいと思います。

これから1年間必死に学んでいきたいと思うので、ご指導ご鞭撻の上、宜しくお願い致します。


fukumarutakayuki at 16:22 Comment(0)  
最新のコメント
月別の記録