2016年11月

2016年11月09日

アメリカ大統領選挙、トランプ氏の当選確実が報じられました。
日本がこのままアメリカの属国として終焉を迎えるのか、それとも独り立ちして日本としての輝きを取り戻していけるのか!
政治に関わらせてもらっているものとして、大きな歴史的帰路に立たされたとの想いを強く抱きました。
私は、日本としての輝きを取り戻すことが出来る政治家として活動して行きたい。

10年以上前から文明法則史学に触れ合って学びを深めてきましたが、今回のアメリカ大統領選挙は、大きな転換点になるだろうと感じています。

ご参考に文明法則史学研究所ホームページ研究所代表の服部匡成先生フェイスブックをリンクいたしました。
お時間あるときに是非ともお目通し下さいませ。


fukumarutakayuki at 17:45 Comment(1) TrackBack(0)  

2016年11月07日

4、5年前から広がりを見せはじめマスコミの報道でも話題になり注目を集めている「子ども食堂」、茨木市においても今年にNPO法人茨木子ども食堂が立ち上がり、取り組みが始まっています。第1回目は8月に葦原コミセンにて実施されて春日コミセンと続き、先日10月28日(金)は春日丘公民館にて開催され、来月は茨木公民館にての実施が決まっていますので、茨木市内では4箇所での開催が決定しています。各場所においては、月1回のペースで運営が行われていきます。(原則、葦原コミセンは毎月第1水曜日、春日コミセンは毎月第2火曜日、春日丘公民館は毎月第4金曜日に開催します。変更になる場合もありますのでご注意下さい。)NPO法人としては、最終的に茨木市内32小学校区において1箇所ずつの開催を目指して行くとのことです。スタッフとして手伝いたい、食材など寄付をしたいなど興味関心おありの方は是非ともNPO法人茨木子ども食堂までご一報下さい。
連絡先メールアドレス:ibarakikodomoshokudou@gmail.com

10月28日の春日丘公民館においては、沢山のご寄付を頂いてカレーライスとポテトサラダと冬瓜スープのメニューをお出しすることができました。当日参加者が来てくれるかどうかが一番の不安材料でしたが雨の降る中、子ども48名、大人20名、ボランティアスタッフ26名の参加者があり、炊いていたお米5升が綺麗に無くなり、スタッフは休む間も無く動きっぱなしでした。
下音羽の原田商店さんからは新米10kg、消防本部の南側にあるオシャレな野菜屋ルオータさんからはカレーやサラダ用にふんだんな野菜、茨木市農協さんからもふんだんな野菜(値段が高くなっている中、有難い!)、西中条町のアジアの食堂ムバラケさんからはカレールーと豚肉、この他にも多くの方から寄付を頂きました。こうして皆さんの想いが集まって茨木市内に子ども食堂という形として善意の心が広がっていくことが素晴らしいことだととても嬉しく感じました。

メニューのカレーライス
07学生にもお手伝いをいただきました。
24



原田商店さんからの米10kg
3816


ルオータさんからのお野菜です。
0925


太田さん、有難うございました!

46 HDR
24




・先輩が後輩の面倒を見てあげる縦の繋がりを!
この日は、大学生7人、高校生3人もボランティアに来てくれていまして、子どもたちの宿題を見てあげることができました。又中学生だと受験勉強の取り組み方や進路の決め方などの相談にも応えてあげることが可能ですのでもっと多くの中学生にも参加して欲しいと思います。
地道にこの子ども食堂の取り組みを継続していきながら、現代社会では希薄になってしまった小学生・中学生・高校生・大学生の縦の繋がりを興していきたいなと私自身目論んでいます。

fukumarutakayuki at 12:05 Comment(0) TrackBack(0)  
最新のコメント
月別の記録