2016年01月

2016年01月18日

昨日実施させていただいた「綜學社福丸塾」の内容をまとめました。


【稽古日誌】
1月17日(日)13:00-16:30
■坐禅
・下丹田、中丹田、上丹田を一本に通して、天と地と繋げる意識を持って座るように。

■古事記「日本人の世界観・思想観が分かる!天地開闢から神世七代まで」
・古事記編纂背景について(天皇系図をお配りして当時の時代感をイメージしやすいようにした。又、古事記に登場する茨木市に縁のある継体天皇や五十鈴姫などについても解説。)
・古事記序文について
太安万侶が訓読みと音読みの漢字を交えながら苦労して編纂した部分を意識して伝えた。
・天地開闢
カミの名前からやまと言葉を用いて宇宙成立の過程を解説
・神世七代
カミの名前からやまと言葉を用いて地球成立の過程を解説
(注意したこと)
編纂を任された太安万侶や当時の人々の気持ちになって、頭で理解するのではなく身体全体でやまと言葉を感じとって欲しいということを意識して伝えた。

■原大本徹プログロムの実施
大学3回生女性と社会人3年目男性2人からそれぞれの「原大本徹」を発表。

■素読
論語、学而第一の冒頭から巧言令色鮮なし仁まで。

【参加者からの感想】
・古事記はイザナギからしか認識しておらず冒頭部分の話しは初めて聞いた。やまと言葉を通じた解説は大変参考になった。

・古事記のお話は、神話、言い伝えが好きな私にとって胸がときめくようなお話でした。
宇宙、地球成立で沢山神様が出てきて「聞いた事あるぞ!」とか「噛みそうな名前だな」とか考えていました。
やまとことばからの視点からの古事記は面白い視点でした。なるほど!と納得できる視点だったと思います。

また、2回目の原大本徹でした。前回より視点を変えて書いてみました。
数少ない幼少時代の記憶の大半を占めている出来事なので、やはりこの出来事が私にとって一番自分を形成していく事だったのだと改めて思いました。この原点からもっと今の自分がどうやって形成されたのか掘り下げてみようかと思いました。
また沢山の人からの意見は本当にためになりました。
次、また原大本徹する時にまた参考にしたいです。
前回よりは納得できることをかけたので、また自分と向き合い次もっと自分がわかっている原大本徹を書けたらいいなと思います。

【次回開催日時】
平成28年2月28日(日)14:00~17:00
場所:茨木市立春日丘公民館
会費:1,000円(学生半額)
内容:坐禅、文明法則史学「概論、800年毎に隆盛を繰り返す東西文明」、原大本徹発表とアドバイス、素読

fukumarutakayuki at 17:18 Comment(0) TrackBack(0)  

2016年01月02日

IMG_1536
あけましておめでとうございます。旧年中は何かとお世話になり有難うございました。
元旦は、毎年恒例ですが除夜の鐘を聞きながら地元の下穂積春日神社と中穂積春日神社にお参りをしてきました。
そして元日は、福丸家御先祖のお墓へ新年のご挨拶の後に福丸家一同の新年会。従兄弟の子供も増えて大変賑やかになってきました。親族が賑わっていくことは大変嬉しく有難いことです。

さて、茨木市においては本年4月に市長選挙が行われます。
市民会館跡地をどの様に計画するのか!
市民会館跡地にとどまらず、JR駅前、阪急駅前も含めて茨木市の中心市街地をどの様に整えていくのか総合的な計画が必要です。
茨木市のまちづくりにおいて大変重要な局面を迎えるこの時期に本市にとって相応しい市長が誕生する様に尽力して参ります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

fukumarutakayuki at 11:15 Comment(0) TrackBack(0)  
最新のコメント
月別の記録