2015年11月

2015年11月27日

本日は、私の政治家としての原点であり、月一回の”志”への肥料を与えてあげる学びの場である今啓林綜學会へ参加してきました。
神戸の一宮神社で行っています。三ノ宮から北へ歩いて15分くらいですので興味のある方はご参加下さい。(次回は12月18日(金)18:30から会費3,000円)

今年度は、山鹿素行が江戸幕府の御用学問であった朱子学の問題点を指摘した「聖教要録」についての学びです。
実際に山鹿素行はこの聖教要録を書き記したことで赤穂の地へと流刑されたのです。
下手をすれば死罪になることも厭わない覚悟で書き記した「聖教要録」からは魂のほとばしりを感じます。
観念に偏らずに日常で役立つ実学としての学び、これが日本思想である。日本思想は現実に即した実学でなければならない。
ということがビシビシ伝わってきました。



【以下、講演メモ】
山鹿素行
基本は、儒学であるが、後々日本学を打ち立てる。
古学を訴えた思想家とされる。
古学とは原点に戻れということ。
儒学は、孔子に戻れ

朱子、儒学を体系化 → 理屈っぽくなってしまった。 実学から遠のいてしまった。
観念に偏ると実学から遠のく

朱子学を否定した古学を唱えた本
「聖教要録」

赤穂に流された。
山鹿兵学が赤穂に広まり、赤穂義士に繋がったといわれている。

本当の戦いとは人をどう育てるかにある。

本日の講義は、「中」「道」「理」

ただ単に中間をとるのが「中」ではない。
物事の本質をとらまえ捉まえることが「中」

先人が歩いた後が「道」
歴史を振り返り今に活かす。

「理」ことわり
事割り
言割り
ものごとでもことばでもある・
理を掴むことは、実学でなければならない。

「中」

偏らないで節である。
節度、頃合い、度合い

知者は過ぎて
愚者は及ばない
どちらも中庸ではない

庸、つね。平常

常にバランスがとれていること。

武道のお稽古でも力が入りすぎず、抜けきらずの程よい中庸がよい。
→ 綜學社福丸塾でも中庸を大切にしたい。

「中庸」より
喜怒哀楽の未だ発せざる之を中と謂い、発して節に中る之を和と謂う。

朱子、理氣二元論、理=性、人間の本性は理である。表に現れたら氣。中庸も中と庸と二つに分ける。かたよらないのが中、かわらないのが庸。朱子は非常に真面目。
窮理、居敬、雑念を払って正座をしてものの本質を極めていく
喜怒哀楽を発さない中を極めようとした。

山鹿素行
後段の「発して節に中る之を和と謂う」が大切である。と唱えた。
朱子は理屈っぽくて回りくどい。
いつでも実学である。
庸は平日日用のことであって、常に活かせるようにしなければならない。

日常生活目線で日常に埋没している時に、遠くを見つめてた上で今を語ることが指導者の役割である。

礼が伝わるところが文化圏。

全体が見えていないとバランスはとれない。

「道」
宇宙に遍満しているエネルギーが「ミイツ」
ミ、身、実、満、本質
チ、縦糸、継続
本質が続いていくことを「ミチ」という

畿内、天皇領

「理」
ことわり
心にこり止まったものをコトバ
ものごとも凝り止まったもの

朱子は、日常と切り離した形而上的なものとして理論立てている。

日本学は須く実学である。

観念的になったら国学(日本思想)ではない

「性」「天」を「理」と朱子が解釈したことは間違いであった。

エネルギーの届くところまでが空間、宇宙 大和言葉ではアマ
アマは宇宙そのもののこと
時空「マ」が広がること アマ

現実社会の自然の条理は、「禮」である。

現実重視の実学を訴えたのが「山鹿素行」である。
学問として観念の遊びに止まってはいけない。
現代社会では「自由」「平等」「人権」「民主」が観念の遊戯である。

中国思想は観念的になりがちである。
古事記は現実重視で貫かれている。

山鹿素行の思想が日本学へと深まっていく。

fukumarutakayuki at 00:20 Comment(0) TrackBack(0)  

2015年11月25日

【ご挨拶】
皆様、初めまして福丸孝之と申します。
私は、会社員をしていた今から15年前(平成12年)に師匠である林英臣先生とご縁をいただき、以来15年間弟子として綜學を学んでまいりました。
綜學を学ぶ中で自分自身の人生の原点を見つけ出し、少しでも世の中の役に立ちたいとの想いから政治家に信頼を取り戻すことを「志」として大阪府茨木市において市議会議員として活動をさせていただいております。
この度、師匠の林英臣先生からお許しを得て、「綜學社福丸塾」を興し綜學の普及に取り組ませていただくこととなりました。
一番のキッカケは、現在の大学生と触れ合う中での危機感です。
市議会議員初当選から7年間、大学生を議員インターン生として受け入れ30名以上の大学生の指導をさせて頂きました。現在の大学生の多くは大学への入学がゴールとなっており、自分を見失ってしまっている学生が非常に多いです。中学高校の学びは大学へ入学するため、大学での学びは少しでも良い(お金や休みの待遇面)企業へ入社するためのものと化しており、肝心の人として学びが一切発動されていないという状況を目の当たりにしてこのまま放っておいてはいけないと感じたことです。
そういう私自身大した勉強をしてこなかったのですが、綜學の学びに出会うことにより自分自身の原点をしっかり認識し、この世に生を受けた役割におぼろげながら気付くことができました。今はとても充実した毎日を過ごしています。自分と向き合う過程において自分を認める自己肯定感が生まれました。自分を認めてあげるって大切ですね。私は身を以て体感しています。
この世に生まれたお一人おひとりが尊い役割を担っています。
しかしながら現代社会は、情報が溢れ多くの選択肢があり自分が進むべき道すなわち自分自身の役割を見極めることが困難な社会になっています。まずは自分としっかり向き合い原点を認識し自己肯定感を養い、全体観を持つことが大切です。皆さんお一人おひとりが輝けるように一緒に学びを深めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【綜學って何!?】
綜學とは、「すべてのものごとを原点から考え全体観で判断し、現代社会を生き抜くための知恵と力を育む」学問です。
 現代社会は、部分観で溢れ、小手先のテクニックを身につけることに終始しています。又情報が煩雑に溢れており、何がホンモノであるのかを見極めることが非常に難しくなっています。綜學の学びを続けて行く事で、生きにくい世の中を航海するための自分自身の羅針盤を手に入れる事が出来ます。
 原点から繋がる全体観を現しているのが「綜」という漢字です。(「総」は漠然とした全体を指します。)「學」は、子供が机の上で手仕事している様子を現した漢字です。原点と全体観を意識しながら一人で学ぶのではなく皆で集まって切磋琢磨し合う学びを積み重ねて参ります。

【どんな学びをするの?】
宇宙との一体観を養い、自分自身がこの世に生まれてきた役割を全うしようと努力し、自分の中の中心軸(ミナカ)を定め、心豊かに日々の生活を送ることが出来る様に以下の学びを深めて行きます。

■︎「原大本徹プログラム」を実施し、現在の自分自身と向き合う。
原点 何のため、誰のために生きるのか自分の中にある原点を掘り起こします。
大局 どこまでが自分のことだと思えるのか、大局観を養います。
本氣 自分が本氣で取り組めることは何か。「志」を立てます。
徹底 本氣で取り組む「志」をどう実現させるのか。創意工夫の力を磨きます。

生まれてから現在までの自分自身と語り合うことで自分が何者であるかを認識することができ、将来の自分の姿が見えてきます。
社員研修に取り入れている企業もあり、今注目を浴びているプログラムです。

■「古事記」や「やまと言葉」を通じて、日本人の世界観や思想観を学ぶ。
古事記って古い書物で難しいことを書いているものだと思っていましたが、1,300年前の祖先が何を感じて生きていたのかを理解することが出来てとても興味深いです。私は、日本人の素晴らしさに気づくことができました。「古事記」や「やまと言葉」や日本人に生まれて良かったと心の底から思いました。

■「文明法則史学」を通じて、世界を俯瞰し大局観を養う。
文明法則史学とは林英臣師匠の師匠である文明研究家故村山節先生が確立された学問です。文明法則史学は、人類の文明史すべてを研究対象とし、古今東西の歴史が示す盛衰パターンの共通性を明らかにしようとする歴史学です。
文明が一定の周期で盛衰を繰り返す様子を見ると地球も一つの生命体なのだなあということが腑に落ちました。

■「中国思想」「日本思想」を通じてブレない志と様々なものの見方を養う。
中国思想は、「論語」をはじめとする儒家の思想や「老子」をはじめとする道家の思想、又「韓非子」の法家の思想などがあり、人間を様々な角度から捉えることが出来る数多くの思想が創られてきました。又日本においては武士道を始めとする様々な思想に触れ合うことで人としての器を養います。


第一回「綜學社福丸塾」のご案内
日時:平成27年12月12日(土)15:00−17:30
場所:茨木市立春日丘公民館(2階講習室)
内容:黙想、坐禅について(30分)、坐禅実践(20分)、綜學概論(60分)、次回発表に向けて原大本徹の説明、黙想
会費:1,000円(学生半額)

終了後、同じ場所で懇親会も行います。(18:00-21:00)
会費1,000円と食べ物一品持ち寄り(手作りでも買ってきた惣菜でもOK)です。

fukumarutakayuki at 21:35 Comment(0) TrackBack(0)  

2015年11月15日


春日丘小学校区人権啓発推進協議会の研修で鳴門市のドイツ館へ行って来ました(^_^)
ここは、第一次世界大戦時に青島(チンタオ)で捕虜として捕らえられ日本に送られてきたドイツ兵の板東俘虜収容所での暮らしぶりが紹介されています。
約1,000名の方々が1917年〜1920年の3年間生活をされていたようです。

ドイツ兵に課せられた義務は朝と夕方の点呼のみ。後は自由な活動が認められていたようです。
特に盛んだったのは音楽活動。いくつもの楽団が結成され公演も100回にのぼるくらい活発だったとのことです。
あらためて音楽が人の心を癒やす力って凄いんやなあと感じました。
音楽の他にも演劇、スポーツ、講演など又商店もできるなどとても自由な活動が営まれていたようです。
これも松江所長の存在があったればこそだということでした。いつの世も組織の中心者(ミナカ)の存在が大きいですね。
松江所長は、会津若松の出身で戊辰戦争で負けた側の悲惨さを身を持って経験されていたようです。ですから敗者であるドイツ兵達の待遇にはとても気を配られていたんですね。

収容所内にあったドイツ兵のお墓を捕虜の方々が引き揚げた後も高橋春枝さんという方がお掃除をして守っていたことがきっかけでドイツとの交流が始まり、この収容所の事績を残すためのドイツ館が出来たとのことです。

戦争という悲惨さの中にこの様な心温まるエピソードに触れることができてほっこりさせてもらいました。



fukumarutakayuki at 11:43 Comment(0) TrackBack(0)  
最新のコメント
月別の記録