2011年02月

2011年02月25日

DSCF4690DSCF4703
箕面JCの2月公開定例会に参加してきました。
講師は有限会社てっぺんの大嶋啓介さん。
初心を思い出すことができました。

【自分の限界を決めているのは自分自身である。】
【仲間の存在によって、自分の殻を破ることができる。】

とてもいい気付きを得ることが出来ました。
ありがとうございました。

fukumarutakayuki at 02:02 Comment(0) TrackBack(0)  

2011年02月23日

tanakasaki中学生のころ、私は「人の役に立てる人になりたい。」という目標を持ちました。そして、高校生のころに政治に興味を持ち始めたのをきっかけに、政治のことをもっと多くの人に伝えられる人になりたい、それが人の役に立ちたいという自分の目標達成につながるのではないかと考え始めました。
そんな思いを持って大学に入学したのですが、大学に入って毎日を過ごしていく中では自分の目標と将来の形が一致せず、自分はこれからどうしたらよいのか、何をすべきなのか分からなくなってきていました。そんなときに友人から議員インターンの事を教えてもらいました。議員インターンに参加したら、自分の将来の形が見えてくるのではないか、何より自分の興味のある「政治」の近くでインターンができるということに魅力を感じて、議員インターンに参加することを決めました。
実際インターンが始まってもうすぐ一カ月になりますが、福丸議員と行動を共にさせていただくことで、たくさんのことを勉強させていただいています。人との出会いを大切にするということ、そして自分が実際現場に行って、目で見て感じることが重要ということです。また、今の日本の問題は自分が考えていたよりもっと深刻であったということに衝撃を受けています。
残りのインターンの活動の中で、さらにいろんなことを体験し、「気づき」を大切にしていきたいと考えています。その中で、自分の将来についての形を見つけられるようにこれからの活動を頑張りたいと思います。


fukumarutakayuki at 14:03 Comment(0) TrackBack(0)  
wakasagenta議員インターンシップに参加して

関西大学政策創造学部1回
若狭源太

僕が、この議員インターンシップに参加したきっかけは、資格などの目に見える形に残るものも勿論大切ですが、社会に出て自分の目で見て学び、実際に自分の身体を持って学びたいと思っていた時、同じ学部の先輩の熱いお誘いを受け参加することを決めました。

実際にインターンシップが始まると、バイトもしてないし、友達とも遊んでいません。
でも、早寝早起・1日3食・10分前行動・スーツ・革靴の生活なんて、これまでの自分には考えられません。僕のなかでは、もうこれだけでも十分です。成長していると自分で感じることほど、嬉しいことはありません。

この2ヶ月間インターンシップ中の目標を立てました。
4月にこのインターンシップが終わって、春休みで長い間会っていなかった友達や周りの人々に会った時、「お前なんか変わったなあ」と言わせることです。
福丸議員の力もお借りして、絶対この目標を達成してみせます。


fukumarutakayuki at 14:01 Comment(0) TrackBack(0)  

2011年02月22日

murasesakiインターンシップに参加させていただいて

同志社大学政策学部1回生 村瀬咲

 『今の自分が社会に出たとき、いったい何ができるんだろう』そう考えたとき、私の答えは『何もできない』でした。自分の長所・短所はいったい何なのかさえ明確に解らず、学生の間にたくさんのことに挑戦・経験しなければならない、と焦っていました。
またそれと同時に『様々な人の考え方を知りたい』と思っていました。人は育った環境、親、友達、様々なものに影響されて考え方が変化します。私は私学の中高一貫校に通っていたこともあって、同じような収入の家庭環境で同じような偏差値の友達と過ごすことによって自分の考えが偏っていたらすごく怖いと思いましたし、全然違う環境にある他の人とお互いを理解したいとおもいました。
そんな中、出会ったのが議員インターンのプログラムです。私の所属する部活に以前インターンに参加されていた先輩方が居られ「インターンに行ってなかったら今の俺はないから」と背中を押されたことが最後の決め手となりました。実際、その先輩方は尊敬できる方たちばかりで私もそうなりたいと思い、参加させていただいています。
 実際、福丸議員の元で活動させていただき様々な年齢のいろいろな活動をされている方々にお会いする機会をたくさんいただいています。自分の親と同世代の方とお話させていただく中で、両親への感謝も改めて感じましたし、例えば「教育」に対する考え方でもみなさんそれぞれ違うので、考えの幅をひろげることができました。毎日出会うすべての人の仕草や会話、表情が勉強です。この1ヵ月、本当に充実した時間を過ごさせていただきました。日数は残り半分となりましたが、さらに多くのことを吸収させていただければと考えています。また、このインプットをどのようにアウトプットしていくのかが今の私の課題です。

fukumarutakayuki at 17:21 Comment(0) TrackBack(0)  
akitoインターンシップに参加した理由と学んだこと

立命館大学国際関係学部2回生 内田覚都

僕がこの議員インターンシップに参加した理由は、このインターンシッププログラムが2回生でも参加しやすいプログラムであったという点です。就職活動を来年度にひかえ、しかしまだ将来何をしたいかということがわかっておらず焦っていた時にこのプログラムを知りました。2回生という今の段階で何かを学び、他の人にはない凄みを身につけたい、何かをしなければという気持ちで参加を決意しました。
実際に活動が始まってみると、福丸議員に様々なことを教えていただき、今まで自分にはなかった考え方に多く触れることができ、充実した毎日を過ごさせていただいています。今まで約3週間のインターンシップの活動の中で学んだことで特に強調したいのは、人と人とのつながりの大切さです。人は自分ひとりで生きているわけではなく、周りの人々の支えがあって初めて生きていけるということを痛感しました。恥ずかしながら、今まではそれが分かっていませんでした。今後はこの学びをいかして、人とのつながりを大事にしていけると確信しています。
このインターンシップは政治についてだけではなく、こうした人としての重要な基本を多く学べる機会であると感じています。残りの1か月間、この機会でしか学べないことを多く学んでいければと思っています。


fukumarutakayuki at 17:20 Comment(0) TrackBack(0)  
   next
最新のコメント
月別の記録