2010年09月

2010年09月28日

DSCF4449DSCF4456
先週の土曜日は、モラロジー研究所茨木の継続学習会へお呼びいただき講師をさせていただきました。
議会の役割や議員の仕事について、日頃の政治への想いなども含めて話しました。
少しは、議会の内容についてご理解いただけたものと思います。

次回は11月に教育に関しての意見交換会をさせていただく予定です。
多くの方から意見をいただけるのでとても楽しみです。(現役の中学校の先生もいらっしゃいます。)

fukumarutakayuki at 16:04 Comment(2) TrackBack(0)  

2010年09月24日

先程、9月議会が終了しました。
9月議会では、「公の施設使用料等に関する条例」、平たく言うと公共施設の使用料の見直しが大きなテーマでした。
10月から免除団体を審査する審査会が立ち上がり、免除団体の審査が始まります。そして、来年の4月から新しい使用料に改定されます。
運用上で気になる点などありましたら、どしどしご意見下さいませ。

今回の議会運営においては、議会改革に向けて一歩前進したと考えています。
それは、「公の施設使用料等に関する特別委員会」を立ち上げて集中審議を行ったということです。
何のことかよくわからないと思うのですが、これまでだと集中審議することなく市長から出てきた提案に対して右から左で信任していたと思うのです。
大方の地方議会はそんな感じだと聞いています。
しかし、茨木市議会においては集中審議を行ったことに意味があると思います。
さらに、10月からは議会改革に向けた動きも始まります。
これからも議会改革に向けてしっかり取組んで参ります。

fukumarutakayuki at 14:44 Comment(0) TrackBack(0)  

2010年09月16日

昨日は、茨木青年会議所の理事会に出席。
来年度の体制が決まりました。

私は、会員拡大研修委員会の委員長という担いを受けました。
茨木青年会議所に入会してから6年が経ち、来年が最後の年です。
(青年会議所は40才で卒業します。)
昭和46年生まれが20人卒業し会員数が一気に激減しますので、新しく入会してもらう方々を増やさなければなりません。
頑張ります。

青年会議所は「奉仕・修練・友情」を三信条として活動をし「明るい豊かなまちづくり」を目指しています。
私自身、入会させてもらってから多くの学びがありました。

行政と青年会議所が力を合わせてまちづくりを推進していくことが出来ればとてもいい形になると感じています。
これからの行政は民間の力を如何に活用していくかが大切です。
民間の力を行政にどの様に取り入れていくのかといった視点もしっかり持ちながら活動していきたいと思います。


fukumarutakayuki at 12:53 Comment(0) TrackBack(0)  

2010年09月13日

9月議会に文教委員会にて
1.礼について
2.子どもの遊び場確保(学校施設の開放)
3.不登校児に対する対応
4.放課後子ども教室の今後
5.青少年健全育成の今後
6.平等教育の是正
といった観点で質問をしました。

他の議員が小学校運動会におけるリレーにおいて男子と女子を一緒に走らせることを改めるように意見をしていました。
私は、男らしさ女らしさ(男子と女子の区別)は教育現場で育んでいくべきであるという考えなので運動会のリレーにおいては、当然別々で走らせたほうがよいと考えているのですが・・・。
どうやら少数派のようでした。
私の感性がおかしいんかなあ。

皆さんはどうですか?

fukumarutakayuki at 22:40 Comment(12) TrackBack(0)  

2010年09月07日

9月3日から茨木市議会9月定例会が開催しております。
その中での一番の目玉案件は、「公の施設使用料等に関する条例」です。

改正の目的・背景は
「受益者負担の原則」に基づき、施設を利用する人と利用しない人の納得性の確保、明確で統一的な料金算定、適正な減免・免除制度
となっています。

私は、改正の趣旨には大賛成です。
・・・・が、これまで減免制度により団体活動を実施してきた団体の方々は使用料金が一気に上がりますので、一定の配慮が必要だと感じています。
議会の場でもそのように意見を述べました。

9月13日には特別委員会が開催されて審議されます。
時間の都合のつく方は是非傍聴にいらして下さい。



fukumarutakayuki at 17:41 Comment(2) TrackBack(0)  
最新のコメント
月別の記録