2010年04月

2010年04月29日

F1000053F1000054
今日から始まった箕面の川床に行って来ました。
右の写真のお店で食事をいただいたのですが、めちゃくちゃ雰囲気あるでしょ!
左の写真はオープニングセレモニーの時です。
主催は、箕面川床協議会・箕面市観光協会
期間限定の社会実験ということで今日から5月16日まで実施されるのですが、予約で一杯だそうです。
吹田の石川議員に誘ってもらったので食事もすることができてラッキーでした。

めっちゃ、よかったです。
自然は満喫できるわ、ご飯は美味しいわ、最高でした。
橋下知事も来られており、来客者も結構多かったです。
箕面の倉田市長の情熱と行動力のなせる技だなあと感心しました。

茨木市でも観光協会が立ち上がっていますが、茨木に人を呼び込める取組みをもっと活性化していかねばならないと強く感じた一日でした。

fukumarutakayuki at 23:32 Comment(2) TrackBack(0)  
先人からの想いや知識を絶やすことなく伝えて行かなければならないとの考えから伝承塾を開催させていただいております。
今回は第31回目になります。
今回ご参加いただくと茨木のまちのことがよく理解できるようになりますよ。
是非ご参加下さいませ。

申込みは、メールにてお願いします。
fukumaru@hoshizora.jp


■詳細情報
第31回伝承塾【茨木の歴史から読み解く未来】

第30回の「茨木は弥生時代の盟主」に引き続き、茨木の未来展望を、講師に久保義明さんをお招きしてみなさんと考えたいと思います。

日時:2010年5月29日(土) 13:00〜15:00
会場:ローズワム405号室
会費:300円
講師:久保義明さん 
[講師紹介]
教職一筋。定年退職後、キリスト教社会福祉専門学校講師、大阪府文化財愛護推進委員、茨木市立文化財資料館館長、泉原自治会長、山三地区自治会連絡会長、茨木市自治会連合会役員、清渓地区福祉委員会委員長、茨木市社会教育委員、茨木市社会同和教育推進協議会会長、茨木市文化財愛護会会長、清渓地区人権啓発推進委員会会長、茨木市農業協同組合年金友の会会長、茨木市すみよいまちづくり協議会初代会長などを歴任。現在、茨木市文化財愛護会顧問。
平成14年11月、勳5等に叙せられ双光旭日賞を受賞。

著書 「教育を追って」「高山右近の生涯とキリシタン殉教」「キリシタン墓碑形式についての一考察」「心のふるさと茨木・茨木の史跡と文化財」

[当日予定]
13:10〜14:10 講師の提言
14:10〜15:00 シンポジューム

申込:先着30名で締め切りますのでお申込願います。

主催 茨木未来倶楽部・語りべ連

fukumarutakayuki at 00:27 Comment(0) TrackBack(0)  

2010年04月27日

今日は会合に参加してきました。
就学援助や教員人事権について中心に議論がなされました。
府下における他市の状況が把握できて、毎回実りのある会議になっています。

他市では、生活保護支給分と就学援助分がダブって支給されているケースもあったりするようですが、茨木市はダブらないようにきっちり管理されているようです。
人事権については、各市ともこれからの動向を注視しながら対応するようです。
報道されている豊中市においても具体的なことは何も決まっていないようです。
3月の議会で確認しましたが、茨木は今後の動向を注視しながら対応するようです。
私は人事権を地域で持って行くべきだと考えているのですが、様々な課題があるようですのでしっかり勉強してどの様な形が良いのか吟味していきたいと考えています。

子ども手当554人分やっぱりこんなことが起るんですね。
担当課に問い合わせたところ茨木市では現在のところ疑わしい申請はないとのことでした。

fukumarutakayuki at 22:56 Comment(0) TrackBack(0)  

2010年04月26日

竜馬プロジェクトのホームページ

DSCF4043
名古屋地区の会合に参加してきました。
地方議会で少数派として頑張っておられる議員との多くの出会いをいただき、私自身も多くの刺激を受けてきました。

「このままの政治を続けていては、日本がもたない」
という共通の危機感を抱いて前に進んで行くことが大切です。
今日も危機感をいだいている多くの同志と出会いをいただきました。

大阪では5月22日に開催されます。
(詳しくは上記ホームページをご確認下さい。)
賛同いただける方は是非ご参加下さい。
誰でも参加できます。

動けば変わります!


名古屋からの帰りに泉南市へ。
応援していた田畑仁さんが落選してしまいました。
落選の経験が人間的に大きく成長させてくれます。
私自身、落選を経験していますが、現在ではとてもいい経験をさせてもらったと感謝しています。
田畑さんもこれをバネにしていかれると思います。
田畑さん、今後も同志として活動して行きましょうね!



fukumarutakayuki at 03:20 Comment(0) TrackBack(0)  

2010年04月25日

DSCF4020
24日朝の8:45JR茨木駅発、追手門大学行きのバスに乗り込み、第二回目となる神社めぐりウォークのスタート。
企画を任されているのですが、今回は藤原鎌足に由来のあるコースを選定しました。
大織冠神社、将軍塚古墳 → 阿為神社、大念寺 → 阿武山古墳(貴人の墓)

DSCF4021DSCF4024
大織冠神社は藤原鎌足が祭られており、同じところにある将軍塚古墳は藤原鎌足の墓だと言われている。
バス停からの案内板もなく、古墳へ行くまでの急な階段に手摺も設置されておらず、市民にこの場所へ訪れてもらいたいと教育委員会は考えているのだろうかと疑いたくなるような状態でした。
看板も錆びてきたなかったし・・・。
教育委員会に言っておかねば。

大織冠神社から追手門大学バス停へもどり、安威の村の中を抜けて阿為神社へ。
道中は畑の畔道を歩いてとてものどかでこころが休まりました。
久しぶりにモンシロチョウを見ました。

DSCF4027DSCF4025
阿為神社は天兒屋根命が祭られていおり、11月には蹴鞠の大会が毎年行われています。

その隣が大念寺。
開山は藤原鎌足の子である定恵であると言われている。

大念寺から今日のメインである阿武山古墳へと歩を進める。

DSCF4030DSCF4032

亀岡街道に出て長ガ橋を渡った右側に阿武山古墳へと続く武士自然道がある。写真右側の様に結構急な坂になっており、なめてかかるとえらい目にあいます。

登ること40分。
(結構疲れました)

ここまでの道中の分岐点に道しるべがなく不親切に感じました。
これも教育委員会にいっとかないと。

DSCF4036
茨木市教育委員会が設置する阿武山古墳のプレートがあります。
そこから奥に100m程度入ったところが阿武山古墳です。

DSCF4039DSCF4037
山の中にここだけが切り開かれていますが古墳といった感じはまったくありません。
少し整備されてベンチが2つおいてありました。
誰の墓かははっきりしていませんが、学説としては、藤原鎌足が有力なようです。
写真左の案内板は文化庁と茨木・高槻教育委員会となっていました。

この行程で初めて回ったのですが、とっても良かったです。
茨木の新たな一面を見ることができました。
藤原鎌足由来の観光スポットとしてもっと市民や市外に向けて発信すれば、歴史が好きな方は来てくれそうな気がしました。



fukumarutakayuki at 01:02 Comment(6) TrackBack(0)  
   next
最新のコメント
月別の記録