2010年03月

2010年03月26日

今日は、島三丁目に出来ました南市民体育館の竣工式に行って来ました。
福井と東に続いて3館目になります。
地域の方に利用してもらいスポーツを通じたコミュニティを育んで行く拠点としてもらいたいと思います。
1Fにはトレーニング室、卓球室、多目的室、会議室、ラウンジ
2Fが体育館です。

4月1日から利用開始となります。


fukumarutakayuki at 11:21 Comment(0) TrackBack(0)  

2010年03月25日

今日は、3月3日からスタートした3月議会の最終日でした。
一般会計 78,280,000千円(約7百80億円)
特別会計と合わせると、140,993,675千円(約1千4百億円)
1年間の予算が本日決定しました。

議会中は予算書をチェックしたり、役所の方に内容を教えていただいたり、質問を考えたり、議会内での調整事があったりとかなりバタバタと忙しい日々を送りました。でもとてもヤリガイのある仕事であり、充実感と幸せな気持ちで議会活動に取り組ませていただきました。


詳細は市のホームページからご覧いただけます。



今回の予算で決まりました新規・拡充事業は以下の通りです。
市のホームページからは綺麗なPDFファイルでご覧いただけます。

■平成22年度当初予算の新規・拡充事業

効率的な行財政運営と市民サービスの向上施策

1まちづくりに係る講演会等の開催2,143千円
まちづくりの基本理念を示す条例の制定をめざし、市民意識の向上を図るための講演会
や職員の研修を行う。《テーマ:地方分権等》

2市ホームページの外国語自動翻訳化サービス導入914千円
緊急性を要する情報(災害情報や新型インフルエンザ情報等)を、外国人住民に対して
も迅速に提供できるように、市ホームページを自動的に外国語に翻訳できるサービスを
導入する。《対応言語:英語・中国語・ハングル語》

3日曜法律相談の実施384千円
市民からの要望が多い「日曜法律相談」を新たに実施し、利便性の向上を図る。
《実施予定日:毎月第4日曜日午後》

4自動交付機の平日利用時間の延長67千円
本庁・彩都・ロサヴィアの3台の自動交付機の平日利用開始時間を早めて市民サービス
の向上を図る。
【現行】8:45〜20:00 → 【延長後】7:00〜20:00

市民活動の推進施策

5(仮称)彩都西コミュニティセンターの建設17,000千円
彩都地区のコミュニティの育成及びまちづくりの推進を図るためコミュニティセンター
を建設する。平成22年度は実施設計を行う。(平成24年4月開館予定)

■ 行財政改革を推進し、簡素で効率的な行政経営の実現と市民参加・市民協働による都市づくりを

障害者福祉施策

1高齢者(障害者)の市単独医療費助成制度の見直し△43,709千円
市が単独で実施している医療費助成制度を見直す。ただし、低所得者に配慮する観点か
ら、重度障害者入院時食事療養費及び中度障害者老人医療費助成における世帯非課税対
象者については助成を継続する。

2障害者相談支援機能の拡充26,840千円
現在、3か所の事業所(身体、知的、精神)に委託している相談支援事業について、知的
障害者のニーズが高いことから、知的障害者対応の事業所を1か所新設する。

3地域活動支援センター?型事業の実施7,800千円
すべての福祉作業所等が、障害者自立支援法に基づくサービス体系へ移行すると利用条
件が厳しくなるため、移行後の事業所へ通所できない利用者の活動場所として、地域活
動支援センター?型事業を実施する。

高齢者福祉・介護保険施策

4高齢者ごいっしょサービスの拡充1,959千円
市民のニーズが高い認知症高齢者の院内介助を新たにサービスの対象とする。

保健医療施策

5胃がん等の早期発見に向けた胃検査の実施35,455千円
胃がん等の早期発見に資するため、身体的負担の軽い血液検査による胃検査を導入する。

6乳がん・子宮頸がん検診の推進160,009千円
乳がん及び子宮がん検診の受診率を向上させるため、国の補助金を活用し、対象者を拡
充して実施する。
乳がん:【現行】40歳以上(2年に1回)、自己負担800円
【拡充】40・45・50・55・60歳: 無料
子宮頸がん:【現行】20歳以上(2年に1回)、自己負担500円
【拡充】20・25・30・35・40歳: 無料


■ 市民の健康、福祉の充実と人権が尊重される都市づくりを

人権施策

7自殺予防緊急対策事業3,100千円
自殺予防を図るため、府の地域自殺対策緊急強化補助金を活用し、自殺予防対策ネットワークの強化や、PTA向けの自殺予防啓発講演会、啓発グッズを配布する街頭キャンペーンを実施する。

8次期男女共同参画計画に向けた意識調査の実施3,944千円
平成23年度策定予定の男女共同参画計画に向けて、男女共同参画への市民意識調査等を実施する。

労働福祉施策・雇用対策

1緊急雇用創出等事業213,396千円
厳しい雇用情勢を踏まえ、市民生活の安定を図るため、府の基金を活用して、雇用創出
事業を実施する。
《22事業で延べ127人の新規雇用を創出》

2就職サポート事業11,847千円
求職中の市民への就職支援策として、仕事なんでも相談員を配置するほか、新たに合同就職説明会の開催や、様々なスキルアップを図る講座受講料の一部を助成する再就職支援助成金を創設する。

商工業振興施策

3商い魅力アップ事業補助金1,000千円
商業の活力増進を図るため、商店街や商業者グループが実施する個店の繁盛(一店逸品
運動等)やブランド創出などのソフト事業を支援する。

■産業の活性化、観光の振興、環境にやさしい都市づくりを

地域経済活性化施策

4市内業者の活性化に向けた小規模工事等の追加措置203,930千円
地域経済の活性化を図るため、小規模な工事・修繕料等の予算を追加し、市内業者の受注機会を確保する。

・土木(維持工事、側溝改修工事、側溝清掃委託)
・舗装(簡易舗装工事)
・造園(園路整備、園庭芝生化等)
・電気(公園電気施設整備、街路灯設置等)
・建築(中央公園タイル棟改修、小・中・幼・保育所施設改修)
・その他(公園ネット改修、交差点標識設置、幼稚園安全柵補修)

5プレミアム付商品券の発行50,000千円
市内産業の活性化を図るため、市内商業施設等で使えるプレミアム商品券を発行する。
プレミアム率:10%
発行総額:500円×22枚綴×30,000冊=330,000千円
(うちプレミアム分30,000千円)
発行時期:平成22年度上半期
有効期間:6ヶ月
取扱業種:卸売・小売業、飲食業、宿泊業、医療・福祉業、サービス業等

環境施策

6地域新・省エネルギービジョンの策定7,153千円
地球温暖化対策として、市民・事業者・市が一体となった取り組みを円滑に推進するため、地域における新エネルギー・省エネルギーの導入・普及・促進についての指針を策定する。

7再生資源集団回収の促進22,100千円
地域住民団体が行なう再生資源集団回収活動支援の報奨金制度を、回収意欲を高めて回収量の増加を促進するため、報奨金の算定の基礎となる回収量の基準を10t単位から1t単位からの区分に改める。

8地域温暖化防止設備導入補助金の創設50,000千円
環境に配慮した事業活動への転換と市域の地球温暖化対策を推進するため、地域温暖化防止設備を導入する中小事業者等に対する補助を行う。
対象事業:太陽光発電、LED照明等

9木くず等のバイオ燃料化1,995千円
資源の有効利用とCO2の削減のため、環境衛生センターに搬入される木くず等を府内バイオエタノール製造施設に搬入し、バイオ燃料化する。

市営葬儀の充実施策

10市営葬儀における映像表示システムの導入5,751千円
多様化する市民ニーズに対応するため、第2・第3告別式場に遺影写真などを映し出すための映像表示システム(DVD化)を導入し、市営葬儀の充実を図る。

11小規模告別式場の設置37,817千円
家族親族葬へのニーズに対応するため、近親者だけの小規模な葬儀が可能となる小規模告別式場(28席)を設置し、市営葬儀の充実を図る。
《供用開始:平成22年10月予定》

農林業振興施策

12市民農園の整備143,683千円
市民が自然にふれあい、農作物を育てる喜びを体験し、都市と農村の交流を深めることを目的に、(仮称)島ふれあい農園を整備する。
《開園日:平成23年1月予定区画数:49区画(予定)》

学校教育施策

1ステップアッププランの策定7,830千円
「茨木っ子プラン22」の成果の検証を行うとともに、公立の全小中学校で実施する学力テストの結果を活用し、平成23年度以降の新3か年計画「ステップアッププラン」を策定する。

2体力づくり研究指定校事業500千円
全国体力・運動能力調査等の結果を受け、児童の体力向上を実践する小学校をモデル校として指定し、体力づくりの取組みを効果的に推進する。

■ 教育・生涯学習の充実と文化・スポーツの振興による都市づくりを

3授業力向上指導員の配置5,446千円
若手教員等の資質向上を図るため、授業力向上指導員を小・中学校に派遣し、直接指導を行うことにより、学力向上を中心とした様々な教育課題への対応を図る。

4スクールソーシャルワーカーの増員2,625千円
家庭支援を必要とする生徒に対するサポート体制を確立するため、スクールソーシャルワーカーを3名増員する。(6名→9名)

5学校ICTの活用推進11,903千円
ICTを活用した「わかる授業づくり」の実践に向け、書画カメラやDVDプレーヤー等周辺機器の整備を充実し、より多角的なICT活用環境を実現する。

6小・中学校施設の耐震化185,000千円
【小学校】耐震設計委託(天王小1棟ほか9校12棟)
【中学校】耐震設計委託(北中1棟ほか4校7棟)

7小・中学校施設の整備200,890千円
【小学校】エレベーター設置工事(茨木、春日丘小)
地上デジタル放送対応(茨木小ほか29校)
便所改修設計委託(郡小ほか3校)
【中学校】エレベーター設置工事(東中)
地上デジタル放送対応(養精中ほか12校)

8小学校普通教室へのエアコン設置381,870千円
平成23年7月からの稼働を目指し、2か年計画で小学校普通教室にエアコンを設置する。
【総額】951,270千円
(H22)381,870千円(H23)569,400千円

9中学校ランチ事業の推進36,642千円
栄養バランスに配慮した昼食を希望者に対し有償で提供するランチ事業の実施校を拡充する。(現行の11校から13校へ拡充)
《拡充予定校:天王・彩都西中》

生涯学習施策

10南市民体育館の開館48,036千円
市民にとって生涯を通じてスポーツを親しむことができる環境づくりのため、本市で第3番目の地域体育館を開館する。(平成22年4月開館)
地上3階延床面積:5,209.08?
バスケットコート2面ジョギングコース

11中央図書館・分館開館日・開館時間の拡充
市民サービスの向上、生涯学習の機会拡大のため、中央図書館・分館の開館日・開館時間を拡充する。
《主な拡充内容》
【開館日】?中央図書館・分館の第3木曜日の開館?分館の祝日開館

3中央図書館の第1月曜日の開館
【中央図書館火曜日の開館時間】9:30〜17:00 → 9:30〜20:00
【分館月曜日の開館時間】9:30〜12:00 → 9:30〜17:00

子育て支援策

1病児保育事業の実施14,688千円
就労等のやむを得ない理由により保育が困難な世帯を対象に、病児保育をモデル実施する。
【定員】6人【対象児童】生後6か月〜小学校就学前【委託先】済生会茨木病院
【利用条件】回復期には至らないが、病状が急変する恐れがないこと

2子ども手当の支給5,372,093千円
平成22年4月分から、現在支給している児童手当に加えて、子ども手当を支給する。
《対象:中学3年生まで約42,000人》

3つどいの広場事業補助金の拡充87,973千円
新たに一時預かり事業を行うつどいの広場4か所と、平田中学校区のつどいの広場の新設に要する設備費に対して補助を行う。

■ 子育て支援・幼児教育が充実した都市づくりを

4子育てすこやかセンターの開設15,054千円
利用者のニーズに対応するため、一時保育事業を追加実施するとともに、7月から指定管理制度を導入し、施設運営の効率化を図る。

5妊婦健診における公費負担の拡充127,849千円
妊婦一般健康診査費用の負担軽減を図るため、公費負担助成の単価を増額する。
【1回目】7,000円→ 9,000円
【総額】46,000円→ 48,000円

子どもの安全安心な居場所づくり施策

6私立保育所等における小学校低学年児童の受入拡充4,800千円
放課後、保育所等において小学校低学年児童を受入れの際、長時間実施(市の留守家庭児童会以上の実施)を行う保育園等に対する補助を追加する。
《長時間実施予定箇所:たちばな、末広、ちとせ、天王保育園、彩都敬愛》

7留守家庭児童会開設時間等の拡充
《開設日の拡充》
【休会日】12/29〜1/ 7 → 12/29〜1/3
【長期休業期間の休会日】8/12〜8/16 → 廃止
《開設時間の拡充》
土曜、長期休業期間午前9時〜 午後5時→ 午前8時15分〜 午後5時

私立保育所支援施策

8私立保育所建設への補助14,522千円
松ヶ本保育園の耐震補強工事費用に対し補助を行う。

幼稚園施策

9幼稚園施設整備の推進71,700千円
【耐震】設計委託(太田、北) 、工事(福井、郡)
【地デジ】地上デジタル放送対応工事(13園)
【補修】安全柵の補修(天王)

10私立幼稚園等在籍園児保護者補助金の増額234,398千円
私立幼稚園児保護者負担の軽減を図るため、補助金を増額する。

11幼稚園預かり保育モデル事業の拡充21,749千円
現在4園で預かり保育の保育時間を延長するモデル事業を行っているが、平成22年度はさらに時間延長及び月額を導入する。
《拡充保育時間》
月・火・木・金8:00 〜 9:00(1時間延長)
14:00 〜18:00(1時間延長)
水曜日8:00 〜 9:00(1時間延長)
11:30 〜18:00(1時間延長)
※長期休業中も拡充
《利用料金》
日額:400円〜900円(長期休業中:700円〜1,200円)
月額:10,000円
拡充園:茨木、西、天王、東雲

12幼稚園園庭芝生化の推進7,693千円
環境教育と地球環境保護の観点から、幼稚園の緑化を図る。
《新規芝生化予定園:水尾、庄栄》(既実施園:8園)

都市計画事業

1阪急茨木市駅周辺地域再生構想検討調査10,270千円
阪急茨木市駅周辺地域において、府営茨木鉄筋住宅跡地を含め、地域の再整備に向けた構想を検討・作成する。

2(仮称)阪急茨木南口駐車場整備事業91,000千円
阪急茨木市駅前の府営住宅跡地を当面の利用として駐車場及び駐輪場を整備する。
《平成23年1月供用開始予定》
【予定台数】自動車112台(うち身障者用2台) 自転車1,011台
原付200台自動二輪105台

3マンション建替円滑化法に基づく建築相談会等の充実167千円
マンションを対象とした建替えや管理に関する相談会を市民相談室で年4回開催する。
また、マンション管理組合に対しマンションセミナーを実施し、情報提供等を行う。

■ 都市基盤整備を推進し、安全・安心な都市づくりを

都市基盤整備

4道路新設・改良事業652,500千円
天王一丁目宇野辺一丁目線(工事)
宿久庄二丁目安威一丁目線(委託・工事・土地購入・補償)
高田町豊川四丁目線(幣久良橋歩道橋)(工事)
安威7号線(工事)
阪急南茨木駅周辺道路(工事)
双葉町7号線ほか1路線(工事) ほか

5橋梁新設改良60,000千円
西河原橋、幣久良橋(工事)
長寿命化修繕計画策定(委託)

6街路新設1,881,990千円
茨木松ヶ本線(委託・工事・土地購入・補償・負担金・土地使用料)
西中条奈良線(委託・工事・土地購入・補償・負担金)
山麓線(委託・工事・土地購入・負担金)
総持寺太田線(工事)
沢良宜野々宮線(委託・工事)

7歩道の設置140,380千円
東奈良18号線(工事・土地購入・補償)
天王1号線(工事)
東奈良二丁目西線(工事)
奥の院踏切整備(負担金) ほか

8下水道整備の推進1,513,106千円
公共下水道・特定環境保全公共下水道の整備を推進するとともに、中央排水区浸水対策、長寿命化計画策定(管路・ポンプ場)、下水道台帳システム導入、合流式下水道緊急改善対策等を行う。

9宅内ポンプ施設設置補助金4,050千円
山間部及び市街化区域の未整備地において、下水道本管より低地に立地する宅地内の汚水ポンプ施設設置に対し補助を行い、公共下水道接続の推進を図る。

10防災公園街区整備(西河原公園) 1,015,611千円
災害時の広域避難地としての防災機能と市民の憩いの場としてのリクリエーション機能を備えた公園を整備する。平成22年度においては公園整備と併せて体育館の耐震補強
・整備工事を行う。

消防・防災施策

11西河原分署移転新築事業103,000千円
西河原分署を防災公園(西河原公園)内に移転・新築し、地域の防災拠点及び、大規模災害時の救助拠点とする。(平成22〜23年度)
《竣工:平成24年3月》

12救急安心センター運営事業の推進4,885千円
救急業務の初動体制の効率化を図るため、市民の安全と安心を24時間365日の体制で相談できる、救急安心センターおおさかの共同運営に参画する。

fukumarutakayuki at 22:35 Comment(0) TrackBack(0)  

2010年03月22日

昨日は、春日丘公民館の文化展と子ども会のソフトボール、キックベースボール大会があり参加してきました。

今回もキックベースボールのコーチを引受けておりました。
我がチームは4チーム中の3位でした。
初戦に負けてしまったのですが、負けた後6年生の子らが涙しているんです。
こちらもジーンと来てしまいました。

昨日は、地域の大人達が真剣に応援している様子を見て、これが地域の教育力だと感じました。


fukumarutakayuki at 16:38 Comment(2) TrackBack(0)  

2010年03月10日

平成22年3月市議会定例会提出予定案件及び平成22年度当初予算(案)の概要
こちらから提出案件がご覧いただけます。

3月3日からスタートし、3月26日までの会期です。
3月議会は、平成22年度の予算の審議がメインです。
今週は本会議での議案審査が行われ、来週が各常任委員会での委員会付託案件の審議となります。
議会中は調べものをしたり、職員の方からヒアリングをしたり、議会質問の原稿を作ったりとバタバタしております。

今日は、朝一番目に一般質問をします。

いつでも誰でも傍聴できますのでお気軽にお越し下さいませ。





fukumarutakayuki at 02:41 Comment(2) TrackBack(0)  
最新のコメント
月別の記録