2009年06月

2009年06月28日

今日は、インフルエンザ騒動で1ヶ月順延されたわんぱく相撲が開催されました。
30度を超す炎天下の中、100名を超す小学生の力士達がしのぎを削りました。
毎年感じることですが、子ども達の真剣な姿に感動を覚えます。
大阪大会に進出した子ども達は更に上の全国大会を目指して頑張って欲しい。

先週は、横田めぐみさんのお父様、お母様の講演会に行ってきました。
お父様の帰ってきたら一緒にディズニーランドに行きたいというコメントは、32年間13歳のままで心の中にめぐみさんがおられるのだろうなと感じ、とても切なくなりました。
子どもを持つ父親として我が子と離れ離れになることは想像も出来ません。
最近では拉致問題はマスコミにも取り上げられなくなりましたが、日本の地方議員として拉致問題の火をけっして消してはいけないと強く感じました。


fukumarutakayuki at 17:57 Comment(0) TrackBack(0)  

2009年06月24日

22日(月)は、小学校の給食試食会に奥様方の中に男性は私一人で少し戸惑いながらも参加してきました。
今日の献立は、
・パン
・牛乳
・わかめうどん
・豆と春雨の煮物
私が気付いたこと、感じたことは、
給食主任の方からのお話で調理員の方々が愛情を持って作ってくれているのがわかりました。
パンとわかめうどんの組合せで違和感があった。
給食は法律により栄養価が何が何グラムという縛りなどもあるそうで献立が難しいようです。根本的な見直しも必要なのではないかと感じました。

これからも子ども達の食について関心を持って取組んで行きます。


fukumarutakayuki at 03:21 Comment(0) TrackBack(0)  

2009年06月20日

今年から子ども会のキックベースボールのコーチをしています。
朝はその練習でした。
私の人生の中で兄弟や我が子で女性がいないので最初は小学校の女の子たちと上手くコミュニケーションが取れるか不安だったのですが、実際に接して見ると今の子ども達の雰囲気が分かって勉強になっています。
明日は、地区大会なので自分のチームが優勝できるように頑張ります。
今日でめちゃくちゃ日焼けしました。

晩は、古事記の勉強会。
神話と民族と言語と領土が一致する稀な国“日本”
とても誇りに思うと同時に子ども達にもしっかり伝えて行きたいと思いました。


fukumarutakayuki at 23:46 Comment(2) TrackBack(0)  

2009年06月18日

昨日は、縄文直観塾に参加させてもらいました。
テーマは、「企業撤退跡地の活かし方」です。
茨木市では、大手企業が撤退しています。
その跡地をどの様に活用するのかが大きな問題だと私は考えています。
3月の議会でも取り上げたのですが、市としては、企業の所有地なので市が意見をいう立場にないということで積極的に推進する意思はありませんでした。
企業は営利目的ですので、現在土地を持っている企業、これから土地を取得して事業を行おうとする企業が自社の営利だけを考えて事業展開をした場合、茨木市や市民にとって不利益になる可能性があると危惧しています。

企業も行政も市民も三方よしの提案が出来れば少しは動くと思いますので、皆さんのアイデアをお寄せ下さい。

以下は、会議のまとめです。

■サッポロビール 岩倉町/JR茨木駅南東・中国道北側 117,000?
現在、具体的計画なし

○動物センター
飼い主の教育、業者の教育と管理、動物の調教や訓練、動物の治療・一時預かりや保護・里親探し・貸出・養老、その他の制度や法律の改善なども含めた動物と人間のかかわりのすべてを、生命は平等という立場で扱う動物センター。ドイツのティアハイムが先例。
○市の条件を付与した企業誘致
単身赴任厳禁・通勤時間も勤務時間とみなすこと・個人の自己実現を採用条件とすること。税金の減税などの特権を付与する。
○JAICAと大阪外大の誘致
JR茨木からの通学通勤圏内を考えると近畿一円をカバーできる。JAICAと学生が交流することにより活きた語学を習得することができるため、茨木から国際的な人材を発信する。
○ガンバ大阪誘致
茨木には日本全国に誇れるものがない。ガンバ大阪を誘致できれば、日本全国に茨木市の名前が宣伝することができる。これだけの土地が空くことは今後ないであろうから今が絶好のチャンスである。


■東芝 太田/安威川左岸・茶臼山古墳南 185,000?
現在、西部は一部防災公園として活用

○歴史未来展望台
「茨木がまちになった6つの物語」から未来を展望する資料館。生活適地・聖地・流通拠点・時代の先進地・農業立国・町民自治の具体像について自由な提言と展示ができる開放型の施設。定期的に、企業が企画の先取特権を得て市の補助を申請する仕組、さらには市議会が取材する仕組にする。
○学生がイベントを行える自由広場
学生がイベントを企画して自由に営業できる広場とする。全国から人を集客できるようなイベントを企画することを通じて学生に経営能力を養ってもらう。
5〜10年間の時限立法で行い、その間は市が土地を企業から賃借する。賃借契約が切れた後は、企業に引き継ぐか、山地などに移転して継続する。若者に元気が出るとまち全体が活気付く。


■フジテック 庄/疣水神社南・総持寺南西
現在、マンション開発予定

○市民農園
市民の最低30%が利用できる一区画1反・300坪(畦道30cm×2、畝幅60cm・畝長1000cm、畝60本、連作障害4分類)・契約期間最低10年保証の市民農園。農家から休耕地の開発権を買い上げるか、借り上げる方式で制度化。
ドイツのクラインガルテンが先例。さらに、キューバの都市農業が参考。
○養生所
黒澤明「赤ひげ」の養生所だが、自己治癒を基本とした養生所。西洋医学も東洋医学も日本医学(食養や手技などの予防治療を含めて自然に沿う生活そのもの)もあり、患者が偏らない情報の提供を受けて、自由に選択できる自己治癒の養生所。
○子ども自然公園
子どもが自然に触れ合えるビオトープなどの自然公園


■全体的な意見

○大人が意見を出すよりも小学生・中学生・高校生などに土地活用のアイデアを提出してもらう仕組を作る事が大切である。アイデアコンテストなどのイベントとして行えば盛り上がる。
○ライオンズクラブやロータリークラブなどが企画を行い、企業へ提案する。行政は企画の支援を行う。
○万一の時に、自給自足が可能な防災公園として活用する。


fukumarutakayuki at 15:10 Comment(4) TrackBack(0)  

2009年06月14日

林英臣政経塾で学んだ同志の辻ひろみちさんが見事当選いたしました。
ありがとうございました。

辻ひろみち 31,310票
いなだ順三 8,930票
井坂よしゆき 23,292票

4年前に落選されてから今回のご当選ですのでこの間のご苦労を思うと本当によかったなあと思います。
市民目線でのいい市政運営を行ってくれると期待しております。
また、我々とも連携して日本全体の政治改革を一緒に行ってくれると思いますので、これからがとても楽しみです。

fukumarutakayuki at 23:58 Comment(0) TrackBack(0)  
   next
最新のコメント
月別の記録