2005年07月

2005年07月31日


イチロー 262のメッセージ女子プロゴルファーの宮里藍ちゃんも愛読している本です。
イチローの言葉には、“プロとして”どう考え行動していくべきか、ずしりとくるものが多いです。

以下は私が特に感じた言葉です。
■『ひとりの人間にできることは、かぎられています。』
■『ぼくがいままで苦しかったことのうちのひとつには、幅広いファンの人たちとの接しかたもありました。でもファンの人たちの期待をあれこれ推測することは、ぼくはもう、やめようと思います。』
■『ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道。』
■『少なくとも、「100%仕事」の感覚になってしまったら、もう、自分の技術を磨こうというふうには、なっていきません。』
■『首位打者を目標にしていたら、どこかで挫折をしていたでしょう。ぼくの一番の目標は「あれをやっておけばよかった」ということがないようにすることです。』
■『驚かれているなら、まだまだです。驚かれないようになりたいです。』
■『世の中の常識を少しでも変えるということは、人間としての生き甲斐でもありますから。』

fukumarutakayuki at 19:12 Comment(0) TrackBack(1)  

2005年07月30日

e48d426b.JPG茨木青年会議所メンバーですので、スタッフとして参加して来ました。
かなりのご来場を頂き盛り上がりました。
明日もありますので皆さんご来場下さいね。

fukumarutakayuki at 23:35 Comment(0) TrackBack(0)  

2005年07月29日

今日は、会社の説明会へ行って、ハローワークへ行って、次の会社で必要なので購入していた車を取りに行ってと、慌しい一日でした。
選挙ブルー(祭りのあとの脱力感に似た感じです。)は残っていますが、まずは生活を安定させねば・・・。
来週からは、千葉で研修です。
さあ、頑張るぞ!

fukumarutakayuki at 22:50 Comment(0) TrackBack(0)  

2005年07月28日

TNGsh0073.jpg後ろ髪を引かれながら家路に向かいました。
現在の日本から忘れ去られようとしている、人の温かみ、地域の結束力の残る町“浜松市雄踏町”
この選挙戦を通じて、ひと回り成長させて頂きました。ありがとう雄踏町。

写真は、ウグイス隊のメンバーです。
この方々の力なしには絶対に選挙に勝つことは無理でした。
日に日に成長していく姿に涙・涙でした。
ホームまでお見送りしてもらいました。
4年後の私の選挙へも応援に駆けつけてくださるという方もいらっしゃいます。
よろしくお願いしまーす。

fukumarutakayuki at 17:37 Comment(5) TrackBack(0)  

2005年07月27日

浜松において政経維新塾の例会がありました。
歴史に学ぶ人物の人間力シリーズ『旧弊は信長の如く打ち破れ!』でした。
まさに今回の雄踏町での選挙がピッタリ当てはまった題材。
続きは、私のメモです。more

fukumarutakayuki at 22:54 Comment(0) TrackBack(0)  
   next
最新のコメント
月別の記録