2020年04月29日

"コロナとの戦い"
"コロナに負けるな"
"コロナに勝つ"…

各種報道をはじめSNS、また街の中の貼り紙などに溢れていて、一日に一回は必ず目にする言葉だ。
また、国家間においてもアフターコロナで何処の国が主導権を握るかという戦いにも注目されている。

その度に、違和感を感じてしまう自分がいる。

15年前にはじめて選挙に出馬し、それから地元の選挙や友人の選挙など、関わり合いの大小はあれど数十件の選挙に関わってきました。
喜び、楽しみ、感謝、爽快、恍惚、優越、愉悦、狂喜、安心、安堵、愛しさ
怒り、恐れ、苦しみ、悲しみ、憤り、妬み、嫉み、絶望、失望、憎しみ、蔑み
などなど、プラスの感情、マイナスの感情、更には、行き過ぎたプラスの感情、行き過ぎたマイナスの感情という人間が感じることの出来るであろう感情という感情を感じて、人間の良い面悪い面を身体に刻み込んで来ました。
負ければただの人以下という誹りを受ける政治の世界に浸っていますので、勝負ごとの大切さは理解しているつもりです。
"行き過ぎた平等主義により、人が競争することの大切さが損なわれてはならない"と議会で質問したこともあり、競い合うことで切磋琢磨し、互いに向上し成熟していくことは、とても大切だと思うのです。
また、勝敗優劣を競わない合気道において、同期に負けたくない、後輩より上手でありたい、という少しの競争心は稽古を続けていくモチベーションの一つでもあります。

何故、違和感を感じるのだろう…?

それは、コロナがわたしたち人類に伝えようとしてくれているメッセージを考えた時、これまでの価値観を変えて、バージョンアップしなければならないと思うから・・・やと思います。
これまでの社会は、「競争・対立・戦争・収奪・格差・支配・コントロール」の時代であり、勝者敗者、支配被支配、損か得か、物質か精神かなど二極化を招いてきました。
これからの社会は、「調和・バランス・多様性・自由・自立・陰陽和合・平和・平等・無条件の愛」を大切にした統合の時代になると言われています。
(参考資料:山本貴史さんのnote”#11. 大和の時代のイメージ。”

人間も自然の一部と考え畏敬の念をもって自然と向き合う、自然との共生
互恵の精神により高い信頼感に基づいて支え合う、他人との共生
国の歴史や伝統文化、民族や共同体の多様性を守る、国と国との共生
「勿体ない」「足るを知る」という高い精神性による、物質と精神の共生
という共生する社会をこれからの私たちはイメージする必要があると思うのです。

調和、バランスを大切にする価値観ですので、戦いや損得などを一切否定するのではなく、これらのバランスを取って調和する考えが大切です。
人間を脅かすウイルスは悪だと決めて、その戦いに勝つことが正義であるという、勝ち負けが先に来るマインドセットから、共生、調和、バランスが先に来るマインドセットへとバージョンを改めて行かなければならないのだと思うのです。


fukumarutakayuki at 16:40 Comments(0)  

2020年04月27日

IMG_9308

本市をはじめ北摂近隣各市の発生状況です。
本市は、他市に比べて少ない数字ではありますが、微増している状況が続いております。
引き続きご注意をお願いいたします。

茨木市 22人
(80代 1人、70代 1人、60代 2人、50代 3人、40代 3人、30代 8人、20代 4人)
高槻市 23人
吹田市 55人
豊中市 56人
箕面市 27人
池田市 28人
摂津市 6人
(各市の4月27日のホームページより)

fukumarutakayuki at 16:53 Comments(0)  

2020年04月25日

林塾の同志らで平成26年にまとめたものです。
「文明転換期と共生文明」
「日本の国柄と使命」
「国是三綱領」
この状況の中、気負わず、今一度腹に落とし込みたい。

文明転換期と共生文明
日本の国柄と使命
国是三綱領


fukumarutakayuki at 23:05 Comments(0)  

2020年04月10日

以下、茨木市教育委員会における4月10日の決定事項です。

小中学校休業期間中の児童生徒の学習を支援するため、茨木市では、下記の要領でオンライン授業とICTアンケートを実施します。

.ンライン授業
教育委員会の指導主事等が、小学1〜6年生と中学1〜3年生の授業を行い、ユーチューブ等で発信します。今後、授業動画を充実させていく予定です。
詳細は、後日お知らせします。

ICTアンケート
児童生徒の家庭のネット環境等を把握するため、ICTアンケート(スマートフォン等で回答)を実施します。各学校での教科書を取りに来る日にアンケートの説明プリントを配布します。児童生徒および保護者の皆さまには、ご協力いただきますようよろしくお願いします。


fukumarutakayuki at 12:20 Comments(0)  

2020年04月08日

1 休校措置について
・令和2年4月8日(水)〜5月6日(水)の間、休校とする。(中学校部活動も中止)(4/3決定)

2 休校措置期間の対応について
‥亶仔
当面の間、実施しない

見守り登校(家庭で留守番させることが困難な児童生徒の対応)
(対象)・小学1〜3年児童、小中全学年の支援の必要な児童生徒(要医療ケア児童生徒含む)・学童保育の児童(週3日)
(日程)4月9日(木)〜5月6日(水)の平日8:30〜15:00

(子どもの居場所づくりについて)
家庭で留守番させることが困難な児童生徒の居場所づくりのため、見守り登校を実施する。
また、学童保育で生活する状況が長期化しており、児童の生活に変化をつけることと、指導員の負担軽減のため、週3日(8:30〜13:00)は、学童の児童が見守り登校に参加する。 (4/13〜)

●学童保育の児童・・・週3日8:30〜13:00は見守り登校、13:00から学童保育に参加。(4/13〜)
           週2日8:15〜17:00(19:00)学童保育に参加。
〇見守り登校に参加する児童生徒・・・8:30〜15:00に見守り登校に参加。

6飢塀颪鮗茲蠅僕茲詁
4月9日(木)〜17日(金)の間に、保護者もしくは児童生徒が教科書やプリント等を取りにくる日を設定する。(学校に滞留せず資料を渡す)


ご不明な点は、お問合せ下さいませ。

fukumarutakayuki at 12:00 Comments(0)  
最新のコメント
月別の記録