2016年09月15日

thumb_IMG_2027_1024
本日は、第244回目(月1回開催ペース)となる今啓林綜学会でした。
議員に当選する前からずっと参加し続けている会です。
今日も自分自身の志への肥料をいただいてきました。
「日本の保守とは」と題した講義でした。
保守と聞くとレイシストだとか戦争の正当化しかしないとか偏狭なイメージがつきまといがちですが・・・。
日本の保守は、「愛と誠と正義」(曲玉と鏡と剣)を根本に抱き、広い心で新しい日本社会を先導していくパイオニアでなければなりません。
頑張るぞ!



【講演メモです。】

第244回、20年間続いた。

今日の話は、自民党岸田派若手保守政治家を相手に話したことがある。

日本には、日本の保守がある。

正当性の根拠とは何か?

吉田松陰は日本を知る観点から2つのことを教えた。
⒈君臣の義(君主が縦糸でつながり続けているのが日本)
⒉華夷の弁(我が国と他国の違いをわきまえる)

縦糸の連続性を保ち守ることが保守である。

神皇正統記(北畠親房)南朝側にたった正義派
天照大神以来、皇統が伝えられてきた。他の国にはこの様な例がない。
我が国には連続性があるので神の国ということができる。

中朝事実(山鹿素行)
中華に対して、我が国は中朝
易性革命、三十性に及ぶ。日本においては、易性革命などは起こらず、連綿と皇統が続いている。
開闢より天孫降臨に至るまで200万歳 → 原生人類(ヒト属)が誕生して200万年だといわれているのでこのことを指しているのではないか。

日本書紀(正史)
六合開都
八紘(あらゆる方向)為宇(いえとなさん)

日本書紀
三種の神器 → 日本政治の原点、根本である。
八尺瓊の曲玉、愛情
八咫の鏡、自分を映し出す、誠
草薙の剣、間違いを正す正義

天壌無窮の神勅

経世瑣言(安岡正篤)
元気が理想を生む
人物たる第一の条件は理想を持つこと
理想を持つと現実とのギャップに反省批判が起こる。
これが「見識」となる。

一流の人物は、孤独を楽しむ(孤独を恐れない) → (淡交)
本当に話が合う同志は少ないものである。

講孟劄記(吉田松陰)
本を読むだけでは、得た知識によって潰れることもある。
志に生きる志士は困窮することは覚悟の上である。
安全地帯にいては、何の覚悟も起こらない。

西郷南洲遺訓
命も名も官位も金も要らぬ人は始末に困る。(山岡鐵舟のことをいった)
しかし、この様な人でないと国家の大業はなし得ることはできない。

道を行うものは、人からの誹りや、誉めるも相手にせず、自ら信じることが全てである。

成果を上げたものに褒美として地位を授けると失敗を起こす。
(私・智のタイプ)

⒈ 公・智
⒉ 公・愚
⒊ 私・愚
⒋ 私・智

則天武后
帝王の心得をまとめたもの、しんき
天と地は私心なく覆っている
太陽と月には私心なく照らしている
四季にも私心なし。

頭が良くて私を用いると組織をダメにする。

日本は建国以来初めて世界史に直面している。

新しい日本を起こす!日本の保守の役割である!


fukumarutakayuki at 23:36 Comments(0) TrackBack(0)  

2016年08月04日

今回もインターン生の受け入れを行っています。
彼が成熟した社会人となれるように自分自身が持っているものをしっかりお伝えしたいと思います。

55-1

議員インターンシップ志望理由と意気込み
【立命館大学政策科学部2回生 末武 諄也】
今回、議員インターンシップに参加させていただいた理由として、大きくは自分が将来何をしていくということに漠然としかイメージがつかめない状態であるため、このインターンを通して、何か将来役立てることが得られるのではないかと思い、志望させていただきました。なぜ、議員のインターンを選んだのかというと、単純に政治に興味関心があり、いまの日本の政治に疑問を持っていたところ、このインターンを運営している知人スタッフから紹介があったため、議員のインターンをさせていただきました。議員さんは、政策を考える上で、様々な業種の方との関わりや地域の方々と交流があり、社会の一部しか知らない私にとって、社会の仕組みや構成などを知る良い経験にできるのではないかと考えております。私自身、イギリスに短期間留学をさせていただいた経験があり、そこで感じたものは、教育レベルの差や生活充実度の違いなど様々でした。特に、教育に関しては、大きなショックを受けました。個人的な観点のため、誰しもがそうであるとは一概に言えませんが、様々な国から集まる大学生の意識の高さや、個々人がしっかりと意見を持ち発信しているということなど、義務教育で習うという一方通行でしか勉強してこなかった私たち日本人と、習いかつ自ら学び主張するという2つの道を持ち勉強している他国の人々との能力の差、人間としての差を肌を持って感じ、9年間英語を学んできて、英語を話すことができない人を多く生み出している日本の教育制度に疑問を持つようになりました。また、その教育制度がいまの政治無関心など日本が抱えている様々な問題に関係しているのではないかと思うようになりました。福丸議員も教育に重きを置いて活動されている方であるため、何か得られるものはないかと思い、私自身も積極的に活動に参加していきたいと思ってております。また、インターンを通して、社会人としての基礎なども部分も学び、私自身を見つめ直すきっかけにもしたいと考えております。まだまだ未熟なところが多々あり、2ヶ月という短い時間で自己成長できる部分は限られますが、2ヶ月後少しでも成長できたなと思えるような活動にしていきたいと思います。

fukumarutakayuki at 13:19 Comments(0) TrackBack(0)  

2016年04月17日

綜學社福丸塾4月no1綜學社福丸塾4月no2

綜學社福丸塾も第五回を迎えることができました。
有難うございます。
綜學の普及を通じて学生や若い社会人をメインに活きる活力と知恵を育んでもらいたいとの想いで続けております。
老若男女どなたでも参加いただけますので関心のある方は是非お越し下さいませ。

【稽古日誌】
4月17日(日)14:00-17:30 参加者8名
■坐禅
お尻は地球の中心と頭は宇宙と繋がっていて糸で引っ張られているイメージで腰を立て背筋を伸ばして真っ直ぐに座ること。
頭に浮かんできたことは全て横に放していくこと。ただひたすらに呼吸に意識を注ぐこと。

■社会人としての心得
松下幸之助若き社会人に送る言葉(PHP研究所編)から抜粋
青年期は黄金時代、入社は一つの運命、約束は信用の上に花ひらく、もらう以上に与えよう、礼儀作法は潤滑油、自分を飾らない、健康管理も仕事のうち、会社は一つの道場、会社は自分たちのもの、対立と調和の原理、止めを刺す、人情の機微を知る、人間は万物の王者
以上の項目を実際の体験を交えながらフリートーク。社会人2、3年目の人たちが多かったので身を持って納得できる内容が多く話が盛り上がった。
(注意したこと)
・なるだけ私自身の体験談を話す様に心がけ、参加者にもエピソードがないか振りながら積極的に発表してもらう様に心がけた。
・用意していた項目が多すぎて時間内に納まらなかったので項目の数には注意する必要がある。

■原大本徹プログロムの実施
社会人2年目女子1人から「原大本徹」を発表。

【参加者からの感想】
とても勉強になりました。来てよかったです!
色んなお話を聞いて、今日1番自分の中で思ったのが、今の仕事が凄く大好きですし、一緒に働いてる人も大好きなのに、もともと広告とか、ラジオとかに訳もない憧れがあって、中々今の環境を肯定することができなかったことです。これが好きなことなはずないって思うことで夢中にならないようにしてました。
そう思ったら、凄く気が楽になりました。
好きややりたいにもっと素直にいたいと思えました。
短い間しかお話しできませんでしたが、本当に勉強になりました。ありがとうございました。

環境の違う方とお話できましたので、気づいたことは多くありますが、今日感じた大きな点は、周りの方も同じような思いを持っておられるのだということです。松下幸之助の教えにもありました『約束は信用の上に花ひらく』に関して、私は先輩から頼まれていたことを忘れていたり、途中経過の報告が疎かになっていたりしてしまい、上司の方に怒られる事がよくあります。そういった時、「自分ってダメな人間だな。」と落ち込んでしまいがちでした。しかし今日他の方も似たような経験があることを知ると、自分はダメな人間だと決め込み、落ち込んでいた時間が勿体無く感じました。約束を守れなかった事実を反省することももちろん大切ですが、そればかりに固執していても解決にはつながりません。次に活かすために、なぜその間違いが起こったのか、自分のどういう行動に問題があったのかを考えて、次に移すことの方がよっぽと価値があるのだと思えました。 等身大の、まだ未熟な自分を受け入れて、落ち込む前に先にやるべきことをさっさとやって、休むべきところで休めるようにしようと思いました。

ありがとうございました。 今日は社会人の方々が多くて、まだまだ自分は幼いし社会を分かっていないのだなと、とても勉強になりました。 原大本徹では毎回、自分と全く異なる人生を歩んできた色々な方のお話が聞けて、私自身もとても参考になります。 松下幸之助に学ぶ ではマネージャーをやっていたときに教えられたことをすごく思い出しながら話を聞いていました。社会に出たら今よりもっと人間関係も複雑になるし色々なことに気を配らなければならないなと思い、もっとこの4年間のうちに自分のやりたいことを思う存分やっていこうと思いました。 今日はありがとうございました。 また来月もよろしくお願い致します。

原大本徹
自分は何のために生まれてきたのか。天命を知るということは本当に難しいと感じる。自分の原点を掘り下げる必要があると感じる。
「松下幸之助に学ぶ社会人の心得」
印象に残ったことは、人間の可能性は無限大であり、やろうと思えばなんでもできるということ。
本来、可能性に満ちている。しかし、自分の心持ち次第でその可能性を潰してしまっている危険がある。
仕事でも、難しい仕事があると諦めてしまう心があるので、そのような時こそ、気持ちを奮い立たせ、自分の可能性を信じて、挑戦し続けていきたいと思った。
そして、止めを刺す→「美は細部に宿る」
物事全てに通じる成功の原則ではないかと感じた。これができるのとできないので、物事の成果は大きく違ってくると思う。

【次回開催日時】
平成28年5月15日(日)14:00~17:00
場所:茨木市立春日丘公民館和室
会費:1,000円(学生半額)
内容:坐禅、大和言葉「一音一音に意味がある日本語」、原大本徹発表とアドバイス、素読

fukumarutakayuki at 23:56 Comments(0) TrackBack(0)  

2016年04月15日

今日は、月一回の自分自身の志への肥料である「今啓林綜學会」にて林英臣師匠のお話しをお聞きしてきました。
茨木市長選挙で俗世間にまみれまくった精神を浄化できました。(ホッとします)
山鹿素行が記した「聖教要録」の第十講でテーマは「性」でした。

性とは生まれながらの心の働きである。
素行は、江戸時代では朱子学の思想である「性即理」という考えが主流な中、理(本然の性)と氣(気質の性)を本来分けることが出来ず一体であるということを訴えました。
私は、大所高所から中庸思想を説いていたのだと捉えました。
本来の孔子の教えに戻るべきでるという古学派として分類された山鹿素行ですが、朱子学が主流であった江戸時代に自分の「性」を貫いた山鹿素行の念子(時空を超えた想い)を感じ、とても幸せな学びでした。
ありがたい。

【以下、講演メモ】
性 生まれながらの心の働き
(会意文字)

朱子 ーー 理氣二元論
性 理 本然の性(天命の性)
  氣 気質の性     → 教化が必要

山鹿素行 ーー 理と氣を分けない
原点に返らなければならない。素行にとっての原点とは聖教(孔子の教え)である。
古学者と言われた。

性とは人間観
性善説
性悪説

性を理解しないと社員教育や人間教育はできない

人間一人一人に「性」があるように、石にも木にも性がある。
人を教育する時、目の前のその人の「性」をしっかり見極めてあげる必要がある。

天地の道は至誠のみである。自然とそうなる。

学びが偏ると、人の批判だけになったりしてしまう。

大人は、相手の言い分が分かった上で自分の意見を主張できる。子供は、自分の言い分だけ。子供のような大人が多い。
性とは、善悪以前のものである。

性善説で何もしなくてもいいという考えでは困る。
教化をしなければならない。教化すれば良くなるという善なる心を持っているということ。放っておけば悪となる。

陸王の学 (陸象山 → 王陽明) 心即理 心にこそ理屈が備わっている。

己の中に浮かんできた感情や気持ちに従っていれば良いという考えが心学(陸王の学)から起こってきた。
己の感情を客観的に見つめることも必要ではないか。

悔しくて悲しくて憤っても冷静に対応しなければならない。
厳しく怒っているが根底では冷静さを保っている。

熱く話すとくどいと言われ、冷静に話すと感情がこもってないと言われる。
熱さの中にも冷静さ、冷静な中にも熱意が必要である。

気質の性を置いて性即理は間違いである。部分観であり聖学ではない。

性はいろんな言葉で説明するべきものではない。

学問の世界では、自説を唱えたがることが多い。そうすると原点から外れてしまう。

山鹿素行 理気一体論
自分自身の人生理念

人相、身のこなし、声、これらで人物評価を行う

朱子は理屈優先
陽明学は放任主義

現在の学問は部分観に陥り、江戸時代の学問より劣っている。
学問それ自体を変えていかなければならない。

fukumarutakayuki at 22:59 Comments(0) TrackBack(0)  

2016年02月07日

IMG_1646
本日は、修養団110周年記念大会・祝賀交流の集いに参加してきました。
教育再生機構大阪茨木支部において夏休みに「寺子屋伊勢合宿」を実施し、茨木の子供達を伊勢修養団にお連れしているご縁でご招待をいただきました。
明治時代から110年間も社会教育団体として弛まぬ活動を実施しておられることは並大抵で出来ることではありませんし、本当に尊敬に値します。本日は誠におめでとうございます。
式典には皇太子同妃両殿下もご参列されとても素晴らしい式典でした。
皇太子同妃両殿下がご入場なされる際、ちょうど私の席の前をお通りになられたのですが、あまねく行き渡る愛情のお気持ちが会場に充満するかの様でとても素晴らしい氣に触れさせていただき幸せな気持ちになりました。不思議なもので会場の拍手も参加者お一人おひとりの心が篭った拍手なのです。
こうした天皇のチスジが続いている日本の国のありがたさをヒシヒシと感じさせていただきました。
2部の祝賀交流会では、多くの方々と触れ合うことができました。
また、7月25〜27日に茨木の子供達を伊勢修養団にお連れします。小学生のお子様がいらっしゃる方は是非ご予定下さいませ。


fukumarutakayuki at 23:47 Comments(0) TrackBack(0)  
最新のコメント
月別の記録